chapter5 苛立ち

resize (6)今日は珍しくみんながお休みで家がにぎやかだ。
私とクロエ、エレンでケーキを作り、紅茶を入れて3人で楽しくおしゃべりする。
こんな時間がずっと欲しかった。
「ねえ、フィーナって化粧品どこの使ってるの?肌キレイだよね」
ケーキを頬張りながらクロエが言う。
「あんまりこだわりはないの。いつも適当よ」
「だいたいキレイな人って適当って言うのよね~!何か隠してるでしょ」
たわいのない話。女の子同士だからできる会話。
イヴと離れてからずっとこんな会話に飢えていたのだと思った。
resize (7)「フィーナ、好きな人っている?」
今まで聞き役だったエレンがふいに尋ねる。突然の質問に私は少し戸惑った。
あの初恋を好きな人と言うのだろうか?
でも現実の彼を好きなのかといわれたら・・・。
「前まではいたけど・・・いまはいないわ」
resize (2)「そうなの。じゃあどんな人がタイプ?」
今度はクロエの質問が飛んでくる。その問いにも私は困ってしまう。
タイプを分類できるほど恋をしたこと自体なかったから。
「・・・優しい人、かしら」
resize (3)「アレックスのことは?」
答えた私に間髪入れずエレンが質問する。アレックス・・・?
resize (5)「え・・・?そんな、私と彼はただの幼馴染ってだけよ。特別な感情は持ってないわ」
いきなり何故そんな風に聞くのかと不思議に思っていると、リビングにトレーニングを終えたらしいジークが姿を現し私は膝の上で小さく拳を握った。
resize (9)彼とあの日以来まともに口をきいていない。互いに避けているから。
こうして姿をみるだけで身構えてしまう。
それなのに、いつものようにミネラルウォーターを飲み干す彼の動きをさりげなく追ってしまう自分が悲しい。
「ねえ、そこのお花綺麗でしょ?」
クロエはジークにそう話しかけて、キッチンのカウンターに載っている花を指差す。
昨日ジャンのところから貰ってきたお花が綺麗で、飾っておいたものだ。
ftr「・・・色が綺麗だな。でもお前いつから花なんか買うようになったんだ?」
意外なジークの答えに私は驚く。この人は私以外の人には普通に話せるのだ。
「違うわよ~!あたしじゃないわ。フィーナがお花屋さんで最近バイトしててそこで貰ってきてくれたの」
resize (12)クロエがジークには言って欲しくなかったことを話してしまう。
彼に馬鹿にされたから働き出したとしか思えないタイミングだったから、黙っておきたかったのに。
私は思わずうつむく。お願い、何も言わないで。
けれど私の願いはあっけなく破られた。
resize (13)「ふーん・・・バイト、ね・・・」
私にはわかる。その言葉に含まれた軽蔑のような響き。
「バイトって言ってもボランティアみたいなものだから」
私は慌てて付け足す。けれどその言葉は彼にとって気に障るものだったらしい。
resize (14)「ボランティア?・・・ご立派なもんだな」
どうしてこんな酷い言葉で傷つけられないといけないの?
「ちょっと・・・ジーク、やめなさいよ。何言ってるの」
エレンが不穏な空気を察して立ちあがる。
resize (16)「俺はボランティアってもんが一番嫌いでね。悪いが偽善者としか思えない。結局自己満足だろ」
もう我慢できなかった。
どうして私だけこんなことを言われなくてはいけないの。
resize (17)「どうしてそんなことばかり言うんですかっ!!私のすること全てが気に入らないのっ?」
こんなに声を張り上げて叫ぶことなんか今までなかった。
エレンとクロエは驚いた顔で私を見つめている。
「あんたみたいな人間みてるとイラつくんだよ。ボランティア?恵まれたお嬢様の遊びだろ」
resize (19)「おいっ!ジーク、やめろよ!!」
私たちの騒ぐ声が聞こえたのか自室で本を読んでいたアレックスが姿を現し、私とジークの間をさえぎるように立った。二人はただ互いを睨みあっている。
「ジーク、あんたがここまでひどいと思わなかった!!」
「私たちの部屋にいきましょ」
クロエとエレンに手を引かれて私はそのままリビングを後にした。
resize (20)ジークとアレックスを残して。



「気にしないほうがいいわ。彼時々ああいうこと言うから」
resize (21)エレンとクロエの部屋で私は二人に慰められていた。
だけど先ほどの彼の言葉が頭から消えなくて・・・。
「こういうこと言ったらアレだけど、ジークは毛色が違うから。だからあたしたちみたいな人間がきにいらないってとこはあるんだと思う」
クロエの言葉に私は顔を上げる。毛色が違う・・・?どういうこと?
resize (24)私の表情にその気持ちが出ていたのか、クロエはそのまま続けた。
「ご両親、二人とも小さい時に行方不明になっちゃったみたいなの。最初はお母様で、そのあとお父様と二人で各地を転々としたらしいけど・・・その後お父様も・・・」
「そんな・・・どうして?」
resize (25)「さあ・・・。結局残されたジークは養護施設で育ったみたい。うちの大学もスポーツ特待生だったから入れたんじゃないかしら」
「クロエ。人の過去を話すのはあまり良くないわ」
エレンの言うとおりこんな風に人の過去を聞くのはよくないことだと分かっていても
彼の過去が平坦なものではなかったことに驚きを隠せなかった。
resize (23)「そうだけど。あたしが言いたかったのはそういう過去があるから、フィーナみたいな名家のお嬢様をやっかんでるんじゃないのってこと」
やっかみ?それだけだろうか?それだけであんな態度を取るものなの?
それに彼は私だけに対してああいう態度をとっているような気がしてならなかった。
10年想い続けて出会えた結果がこんな風だなんて。
彼とは再会できなかった方が幸せだったのではないかとさえ思えた。
それほど、彼の言葉に私の心は深く傷ついていた。




resize (28)「どういうつもりなんだ」
静かに、だが怒りを含めた口調でアレックスが俺を睨みつける。
「どういうつもりもねえよ。ただイラつくからそう言ったまでだ」
その視線がまっすぐすぎて俺はうっとうしくなる。
アレックスはいい奴だ。だが時々こうして俺は正義を振りかざすこいつが嫌になる。
resize (29)「俺にはお前が彼女を傷つけて楽しんでるとしか思えない」
「・・・お前あの女が好きなんだろ」
俺の言葉にアレックスが言葉を失うのが分かった。
「な・・・っ!何言って・・・」
「さっさとくっついて結婚しちまえよ。そうしたらこのシェア生活も終わるしな。俺がイラつくこともなくなるって訳だ」
そうだ。早くお前らふたりがくっつけばいい。
そうしたら俺のこの苛立ちも納まるはずだ。少なくとも今よりは・・・。
「勝手なこと言うなよ!そんなすぐに話が進むわけがないだろっ!」
語るに落ちたアレックスの言葉。彼女への気持ちを否定することもなく、ただ前に進めない葛藤の中にいることだけははっきりとわかった。
resize (30)そんなことで悩んでいるのかと俺は馬鹿馬鹿しくなる。
今までしてきたことを彼女にすればいいだけの話だろうが。
「あの女と寝ればいいだろ。エレンとそうしたようにな」
優しい男ぶったお前がどれほど残酷なことをしているか、俺は知っている。
挫折を味わったことの無いお坊ちゃまの甘えに、エレンがどれほど苦しんでいるか。
それなのにのうのうとシェア生活に誘ったこの男の厚顔さに俺は驚いたほどだ。
俺の苛立ちが目の前のアレックスに向かっていくのがわかった。
resize (31)「おまえっ・・・!!」
ぐいっと襟元をつかまれアレックスは拳を握る。殴りたきゃ好きになぐればいい。
だが振り上げられた拳は俺に下ろされることなく、ただわなわなと震えた。
resize (32)「・・・お前は何もわかってない。俺がどれだけ苦しんだかっ!」
そういい捨てると俺を突き飛ばすようにしてアレックスは去っていった。
急に静かになったリビングのソファに俺はゆっくりと腰をおろす。
resize (33)お前の苦しみ?そんなものあの女一人手に入れば消える程度のもんだろうが。
そう考えて俺はふと気が付いた。
俺のこの苛立ちもアレックスとそう変わらないものなのだと。
あの女一人にかき乱されている。


resize (34)一度は決めたはずの決意があの女をみる度に揺らいでいく。
そしてそんな自分に苛立ち、近付かせないために毒を吐く。
こんなことをいつまで繰り返さなければいけないのか。
俺は出口の見えない苛立ちに深いため息をつく。

resize (1)俺の目の前から消えて欲しいと願いながらも胸のどこかで感じる痛みに気が付かないフリをしてリビングを後にした。


                                       chapter6へ続く
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lovestorysim3.blog.fc2.com/tb.php/49-5a280be4

Comment

harrn

こんにちは~☆ふおおお\(^o^)/興奮がMOX(笑)
女の子同士の会話してる所って好きだな~♪恋愛トークもあり、フィーナが少しでも安らげる場所があってホッとしたのもつかの間!ジーク!

キミは好きな子をいじめる小学生か!と思う反面、ジークの事を思うとフィーナが意味もなくムカつくのも分からなくはないなぁ。ジークもまた辛い過去があったんだね。
まだ恋愛段階じゃないだろうけど、今後ジークがどう気持ちの変化があるのか凄く楽しみ!

ワタシとしてはディーノがあのバイトの女と楽しく働いてるかと思うと気が気じゃないよ(笑)
休みの日も教えるって言ってたし、ワタシもあの店で働く!!←ww

アレックスとジークの男のもめ事も燃えるね!ワタシの中でアレックスは不憫な存在じゃなくなったから、応援はしてあげられないけど(えw)このお話にはいなきゃいけないキャラだからどんどん頑張ってもらいたい♪

いやぁ、楽しかった☆また来るね!
  • URL
  • 2012/10/27 14:41

kaorin114

こんにちは!

これは・・・ジークは身分違いの恋で、悩んでいるのでしょうかっ・・・・!?
アレックスの厚顔さが~って言うジークに、意外な優しさを感じてしまいました(/ω\)

アレックス、フィーナには告白できないんだなぁ。
恐らく、振られるのが分かっているからそれが怖くて出来ないのかなとか思ってしまいます;

そしてクロエの優しさにホロリです。
やっぱりクロエ最高~!!ディーノ君との関係もぜひ元気パワーで頑張って欲しい!w


  • URL
  • 2012/10/27 16:43

天甲斐エコ

前三話、いっきにまとめて読ませていただきました^^
うーん、なんだろう
わたしの中で、ジークのお株がどんどん上がってます(ノ´∀`*)
わたし、こういう不器用な人?とても好きです。
彼にもなんか、いろいろと事情があるみたいですね><
「寂しい」という理由で、エレンに手をだしてしまったアレックスが
逆にちょっと「えええ」と思ってしまいました><
それは、やっちゃいけなかっただろう…アレックス><
それでも一緒にいれるだけでいいと願うエレンがあまりにも
胸が痛いです><
前回、読ませていただいたときに
フィーナとクロエたちとの間にいざこざがあって
ちょっと心配していたのですが、
三人がお互い仲良くなれてよかった><
女同士って、ほんと、微妙なんですよね…
↑わたしの経験上の話ですが(笑)
それぞれの思惑がからみあって、今後どうなってゆくのか…
楽しみにしていますねっ(ノ´∀`*)
  • URL
  • 2012/10/27 21:33

mirumom

こんばんは~^^

わ~!なんだかドキドキハラハラしながら読んじゃいました~!
女の子同士のお喋りの中にもどこか緊張感を感じるwww
エレンちゃんの気持ちを知っていて読んでるからなんですがね^^;
エレンちゃん×フィーナちゃん×アレックスの関係、何処まで突っこんでいくのかと
思って見ていたら、来ちゃったジーク^^;
また違うピリピリ感が・・・来ちゃったw

そしてやっと少しジークの内面が見えてきましたぞ!!!
何かあって自分のフィーナちゃんへの想いを抑えてるんですね!
う~ん、確かにジークの「毛色の違う」感は解った気がする。
ジークが抱えてる想いはそこなんでしょうかね?
まだ先が読めないな~^^でもそこがまた楽しみでもあります♪

ジークの言う事聞いてたら、確かにアレックスがダメなボンボンに見てきた(笑)
彼も辛かったのは解るけど、自分の事しか考えてなかったんだよねエレンちゃんとの時。

ジークの内面が見えてきて、今まで以上に続きが気になります^^
楽しみに待ってま~す♪
  • URL
  • 2012/10/27 21:44

Loveflower888

harrnさん、こんにちは!

女子トークしてる場面とかちょっと入れておかないと和む場ないな~と思って入れてみたよw

ジークはホント、好きな子を苛める小学生レベルだよね(笑)
辛い過去を背負ったクールな男とか自分の好み丸出しですがw
このまま見守ってやってください!

女の子同士のいさかいが終わったからには次は男同士だよね!ってことで
書いてみた♪最初の方のジークがあまりに冷たくてアレックスばかり評価高かったんで
ちょっとずつジークの評価回復作戦だよw
そうそう、アレックスは不憫どころかわりと自己中坊ちゃまですw

ディーノw気が気じゃないとまで言っていただけて嬉しいですw
たしかに男ならまだしも女とずっと一緒に働くとか、クロエも嫌だろうな~と思いますよ!
クロエ&ディーノの二人はこの物語の中で一番書きやすいので
次回は二人がメインな感じになりそうです♪この二人だと楽しく書ける(笑)から
息抜きできるよw

楽しいといっていただけて嬉しい限り!ありがとう~^^
  • URL
  • 2012/10/28 14:34

Loveflower888

kaorinさん、こんにちは!

今回ようやくジークに見せ場が出来てよかったw一見冷たそうだけど実は優しいキャラなのかも・・・。
なんて思っていただければ書いた甲斐があったというものです^^

アレックスが告白できないのはフラれるのも怖いし、関係が崩れるのも怖いんでしょうね。
挫折のない人生を送ってきた坊ちゃんなので、傷つくことが嫌なんだろうと勝手に推測してますw

クロエは嫌なこともハッキリ言いますが、基本情に厚いキャラ設定なんです♪
ディーノとも頑張らせますね^^
コメントいつもありがとう!
  • URL
  • 2012/10/28 14:37

Loveflower888

エコさん、こんにちは!

三話まとめて読んでいただけたなんて嬉しいです♪エコさんの文章力には足元にも
及ばすお恥ずかしい限りですが><
私もジークみたいな不器用で優しい人、好きなんですよ~!
辛い過去があるんですが、それはおいおい書いていく予定です。
アレックスは優しい人っぽいんですけど、わりと自己中ですねw
まわりに優しくするのも多分自分可愛さからくるような。。。アレックス自体は
エレンの気持ちには気が付いていないのですが、それにしても甘えるのも
いい加減にしろよ!と私が説教したいようなキャラです(笑)
エレンみたいな一途な子書いていて好きなんですよね!応援したくなるのでw

そうですね~・・・。女同士って互いの相性以外にも色んな要因が
絡んで人間関係が形成されるので、すごく難しいですよね。
エコさんの経験、すごく聞きたかったりww
怖い面もありますよね~女同士は。。。w

いつもコメントありがとうございます♪励みにさせていただいてます~!
  • URL
  • 2012/10/28 14:46

Loveflower888

mirumomさん、こんにちは^^

私の拙い文章力でドキドキハラハラしていただけたなんて!嬉しいです♪
さりげなく女子トーク中にフィーナの気持ちを探るエレンの表情(SS)が
なんだかたくらみ顔で怖いですよねw
でも気になったんでしょうね・・・フィーナの気持ちが。
今回ちょっと緊張感漂いすぎ?!とは書いてて自分も思いましたw
クロエ&ディーノが出てこないと気が抜けない感じです(笑)

でも今回ようやくジークの内面が書けて良かった!
今回で少しジークの評判回復できたかな?w
ジーク以外はお金持ちで恵まれた環境で育ってきてるので、まわりも「毛色が違う」とは
なんとなく日々の生活の中で感じているんだと思います。
ジークの抱えてるものは過去から続く現在の気持ち・・・かな?(ネタバレっw)
過去もおいおい書けたらいいな。と思ってます♪

アレックスは紳士ぽい自己中坊ちゃまですw
エレンとのことも、単に自分が可哀想で甘えたいだけだったのだろうと思います。
それをジークは見抜いていたんでしょうね。

いつも読んでくださってありがとうございます^^
今後もがんばりますね♪
  • URL
  • 2012/10/28 15:02

ahiruchanet

こんばんわ~
ジーク・・・ヒドイ!好感度だだ下がりだよ><でも、あれ?
ジークって、もしかして・・・あれぇ?www
っていう終わり方で、ちょっと救われた。
にしてもアレックス、いいですね!いざって時に守れる男性。
私なら、優しい男性=アレックスなのにな~

この続きが気になりますが!我慢しますw
また来ますね~
  • URL
  • 2012/10/28 21:00

pom

こんばんは!!

ジークひでぇな!w
何なの!って言いたくなるよ・・・(´・ω・`)
まあ実は・・・的な展開だけれどもww
アレックス、
良い奴なんだろうけど、エレンさんのことを思うと少し・・・(;´д`)
優しさを持ってる故に、弱くて人を傷つけてしまう・・・みたいなw
何だか複雑(^q^)

Loveflower888

ahiruchanetさん、こんにちは!

あれえ・・・?と思っていただけたら今回はそれだけで嬉しいです(笑)
あのままのキャラだったらほんと、どうしようもない外道キャラですもんねw
アレックスは王道な王子様キャラ(かなりお坊ちゃまですがw)として作成したので
優しい男性といわれるとジーク贔屓な私ですが、嬉しかったりします♪

次はちょっと息抜きwしたいのでクロエとディーノがメインになると思います^^
コメントありがとうございました♪
  • URL
  • 2012/10/29 14:41

Loveflower888

pomさん、こんにちは~!

ジークの冷たさの裏は・・・ってお約束の展開です(笑)
かなり女性向けの話になってきちゃってpomさん読むの辛いだろうな~なんて
思ってますww
そうなんですよね~!アレックスはほんとpomさんの仰るとおりの性格w
いい人で優しいんだけど、なんていうか・・・鈍感な優しさ?みたいなw
複雑ですねえ・・・ww

コメントありがとう~!
pomさんのところのドリーちゃん、可愛くてファンになっちゃいましたよ♪
  • URL
  • 2012/10/29 14:45

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

profile

Loveflower888

Author:Loveflower888
modで色々キャラメイクできるPCゲーが好き。特に綺麗な男子を作るのが趣味。シムズ3がメインですがskyrimの記事も載せています。
今後はまったり更新。気ままにUPしていきます。

fc2counter