スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter2 それぞれの想い

CH (6)「ねえ、フィーナって何の仕事してるの」
アレックスが手伝ってくれたおかげで夕方には片付けを終え、
ジークを除いた4人が集まってリビングでコーヒーを飲んでいると、クロエが興味深々な表情で私に尋ねる。
SSSSG.jpg「恥ずかしいんだけど・・・私、仕事したことないの」
仕事を持つこと。それは私にとってずっと憧れであり、そして叶わない夢だった。
両親が決して許してくれなかったからだ。
保守的で名家意識が高い両親はいずれ嫁ぐ娘が仕事なんかしていたら世間体が良くないと言い張っていた。
今時、仕事をしてないほうがおかしいのに。
現実にクロエやエレンだって名の知れた家の娘でありながら、きちんと仕事を持っている。
oute.jpg「へえ~・・・。そうなんだ。やっぱりうちみたいな成金の家と違って由緒正しいお家のお嬢様は違うね」
他の人の口から聞いたなら皮肉と取れる言葉だったけれど、クロエはあっけらかんと言い放ったせいか裏のある言葉には聞こえなかった。
「本当はみんなが羨ましい。私も好きなことを仕事にしたかったな」
CH (2)「私もピアニストだなんて大層な肩書きだけど、父が許してくれた公演にしか出れないの。だからフィーナと同じようなものよ」
エレンが優しくとりなすように言った。
「一番いいのはアレックスよね!一族が経営してる病院の副院長なんて。実際ほとんど病院に出てなくて研究ばっかりしてるじゃない?」
クロエの言葉にアレックスが困ったような表情を浮かべる。
CH (5)「おいおい。そういう言い方は酷いな。俺だってそれなりに大変なんだぜ」
「そう?いつでも気楽そうに見えるけど」
クロエは明るくていつも話題の中心にいる。
楽しくて周りを明るくしてくれる人。そんなクロエを少し羨ましいと思う。
「お、もうこんな時間だな。今日はフィーナも来たし、みんなで食事にでも行こうか?」
気が付いたらもうだいぶ陽が落ちている。時計をちらりとみながらアレックスがソファから立ち上がった。
CH (7)「あら。本当ならアレックスが食事を作る番じゃない?」
エレンがからかうような口調で言う。
ここでの食事は基本的には各自で作ることになっているみたいだけど、今日みたいなみんながいるときは交代で食事を作る決まりらしい。
「実は昨日から外食するつもりで何も買ってないんだよ」
「え~なにそれ、ずるい」
クロエが口をとがらせて軽く抗議する。

CH (8)「何か作れるかな・・・」
アレックスは冷蔵庫をあけて中を確認している。その後ろからそっと覗き込んだ。
うん・・・あまりないけど、5人分なんとかなりそうね。

CH (9)「アレックス、良ければ私が作るわ」
「ええ?引越しで疲れてるだろ?いいよ、食べに行こう」
「いいの。私料理作るの好きだから」
「じゃあ、お言葉に甘えさせてもらうよ」
CH (10)頷いた私は冷蔵庫から野菜や僅かばかりの肉を取り出して早速シチューを作り始めた。



CH (13)「すごく美味しいよ。あっという間にこんな旨い料理が作れるなんてフィーナすごいな」
なんとか料理が出来上がり、ジークも含めた全員がテーブルについた。
褒めてくれるアレックスに微笑みながらも、視界の隅にいるジークから目が離せない。
彼はただ黙々と料理を口に運んでいる。
何か感想を言ってくれるのを期待していたけれど、とてもそんな雰囲気ではなく私は思い切ってジークに問いかけてみた。
CH (12)「ジークさん・・・お口に合いますか・・・?」
そう聞いた瞬間、私は1つのミスを犯したことに気が付いた。
こういう時は先にクロエとエレンに聞いてから聞くべきなのに。
ジークは私の言葉にまるで私がそこにいたことに初めて気が付いたかのような表情で視線を動かす。
「食えればなんでもいい」
感想でも何でもない、まるで突き放したような言い方。
「ジーク、やめろよ。彼女疲れてるのにわざわざ作ってくれたんだぞ」
CH (14)「俺が頼んだ訳じゃねえよ」
ジークの言い方にアレックスがたしなめるように言うと、それにもジークは冷たい反応を示す。
私は自分の思い出の中のジークと現実のジークとの違和感にただ戸惑っていた。
お皿に残っていた料理を掻きこむように口に運んだジークは小さく「ご馳走様」とだけ言い、部屋に戻っていった。
CH (16)「気にしないでいいよ。あいついつもああだから。料理、本当に旨いよ。な?クロエ?」
気まずい沈黙になってしまったテーブルでアレックスがとりなすように言う。
けれど話を振られたクロエは不機嫌そうな顔だ。
「美味しいけど。エレンの料理の味のほうがあたしは好きだな~」
CH (17)「クロエ、やめなさいよ」
クロエとエレンのやり取りで、私はこの二人に対して何か失敗をしてしまったことに気が付く。
昔から何故か同性から嫌われることが多かった私は、いつも失敗しないように嫌われないように細心の注意を払ってきた。でも今回は駄目だったみたい。一体何が彼女たちを怒らせてしまったんだろう。

CH (18)「あたしたち何にもしてないから後片付けくらいはするわよ。疲れてるんだろうからフィーナはゆっくり休んで」
同性にだけ分かる皮肉を潜ませてクロエが笑顔で言った言葉で、私は自分の失敗が何だったか気が付く。二人も女性がいるのを差し置いて、入居して早々勝手に料理を作ったこと。
自分の失敗に頭を抱えたくなった。

CH (19)「そうだな。片付けは任せてフィーナは休めよ」
不穏な雰囲気などまるで察していないアレックスが明るく言った。
このタイミングで口を出してきた男性の言葉に従うと経験上、彼女たちの怒りを大きくさせることを私は知っている。
「いえ、大丈夫です。料理したのは私ですし、キッチンの片付けもさせてもらいたいから」
「ここはあたしとエレンでやるから、もういいの。部屋に戻ってて」
クロエの有無を言わせない強い言葉に私はそれに従うしか出来なかった。



CH (22)「も~!何なのよ!あのフィーナって女!!あったまきちゃう!」
クロエが部屋に戻るなり、ずっと我慢していたであろう怒りをぶちまけた。
私だってそれは少しはムッとしたけれど、そこまで怒らなくてもというほどにクロエは怒っていた。
「もういいじゃない」
クロエを落ち着かせようと静かに言った。
CH (24)「良くないわよ!勝手に料理作り始めて、あれじゃあたしたちがまるで何もできないみたいな感じじゃない!おまけにアレックスはずーっとデレデレしてるし」
「彼女だって悪気があった訳じゃないでしょ」
「アレックス、持ってかれるよ」
CH (26)突然クロエが真剣な顔をする。
彼女がこれだけフィーナに怒る理由は私がアレックスを好きだと知っているからだ。
私は学生時代からずっと、アレックスを想い続けている。
「・・・前にアレックスがずっと片想いしてる相手がいると思うって言ったでしょ」
CH (23)私の言葉に小さく頷くクロエ。
アレックスには言い寄る女性と短い付き合いを繰り返しては別れていた時期があった。
そんな彼の様子を側でじっと見ていると、なんだか何かを忘れようともがいているようにしか私には見えなくて。
彼と二人で食事に行ったときに、ぽつりと彼が零した言葉を私は忘れない。

CH (20)「忘れたくても、忘れられないんだ」

あまりに抽象的な言葉だったけれど、その言葉1つで私はアレックスの気持ちが手に取るように分かってしまった。
これだけ彼に強く思われている女性がいるなんて。羨ましくて妬ましくて。
この彼の切実な想いを聞いてから、私は気持ちも伝えることができずにただ友人というポジションに甘んじるしかできなくなった。


「多分・・・フィーナだと思うの。その相手」
アレックスが知り合いの女性を一人、入居させたいと提案してきたときからなんとなくそんな予感はしていたけれど。その予感は的中してしまった。
pot.jpgフィーナを見つめるアレックスの視線は今まで彼の周りにいた女性に向けるものとはまるで異なっていた。優しくて、どこか熱を帯びたような視線。


「だったら奪いかえさなきゃ駄目じゃない」
クロエは相変わらず過激なことを言う。
「いいの。私は彼の側にいるだけでいいんだから」
CH (25)気持ちを伝えて駄目になるより、友人としてでもいいからずっと彼の側にいたかった。
ただの臆病に見えるかもしれないけれど、それが私の愛し方だ。
「・・・エレンって強いよね」
「そうかしら。私にはクロエのほうが強いと思うわ。ディーノさんにあれだけ素直に気持ちをぶつけられるのって羨ましいもの」
私にクロエみたいな強さがあったら、違ったのだろうか?
アレックスの気持ちをこちらに向けることができるのだろうか?
そんな風に考えてでも結局私は私でしかないのだという結論にいつも行き着く。
友達でもいい。ただアレックスの側にいたい。
それがたったひとつの私の願いだった。


CH (27)「ねえ!聞いてるの?!」
あたしは昨晩のうっぷんを晴らそうと、ディーノの経営するカフェに来ていた。
カウンター越しに見る彼は今日もやっぱり素敵だ。
ま、あたしの惚れた相手だから当然だけどね。
CH (28)「聞いてる。だけどそんなに怒ることか?疲れてるのに料理まで作ってくれるなんていい子じゃないか」
ディーノまでフィーナの味方をする発言をして、あたしの怒りにさらに油を注ぐ。
「これだから男は嫌なの!ああいう無邪気なお嬢様の行動はみんな男が許しちゃうんだから!」
「流してやれよ。良かれと思ってやったことだろ」
「・・・・・流してあげてもいいけど、その代わり今度のお休みデートして」
CH (31)彼に一目ぼれしてからもう2年が経つ。こうしてカウンターで話をするくらいの仲になったのに
デートにはまるで応じる気配がない。
だからといって女の気配もないし。ディーノってどこかおかしいんじゃないのかしら。
「悪いな。今度の休みは新しいコーヒーの豆を仕入れに行くんだ」
仕事馬鹿なのか、ただあたしとデートするのが嫌なのか。
そこのところの見極めがまだできないでいる。
「ねえ。前から思ってたんだけど、ディーノって女に興味ないの?まさか・・・男が好きとかじゃないわよね!?」
CH (32)「お前・・・・・本気でこの店、出入り禁止にするぞ」
ディーノの強い否定の言葉にあたしはちょっと安心する。
「だってあたしみたいな可愛い子が誘ってるのにずーーーーっと断るなんて、普通じゃないわよ!」
「自分で言うか・・・。あのな、今は仕事で頭がいっぱいなんだよ。2号店出さないかって話も出てきてるしな」
2号店。そんな話初耳だ。多分まだ誰にも言ってない情報に違いない。
こういう話をしてくれるところからみても、あたしのこと嫌ってはいないって思う。
だけどそこからは遅々として関係が進まない。
CH (29)「そうなんだ。じゃあ2号店が出来たらデートしてくれるの?」
まるでへこたれないあたしの誘いに、ディーノは苦笑する。
「そうだな。2号店ができて軌道にのってきたらその時考える」
「なによそれ!!もうっ・・・馬鹿にしてっ!!」
CH (33)ディーノのいい加減な答えに苛立つあたしの前に小さな可愛らしいケーキが置かれた。
「そうカッカするなよ」
「・・・こんなもので釣られるとでも思ってるのっ?子供扱いしてっ・・・!」
そうはいいながらもあたしはここのケーキが大好きなのだ。
完全に見透かされて、コントロールされている。そう分かってはいてもケーキの誘惑に抗えずあたしはケーキを口に運ぶ。
CH (1)「・・・美味しい」
腹が立つほど美味しい。こうやっていつもあたしってケーキでうまく丸め込まれてる気がする・・・。
「そうやっていつも笑ってろよ」
さりげないディーノの一言はいつもあたしの心を掴んで離さない。
ずるい男。
でもディーノの笑顔を見てるとそれも悪くないな、なんて思ってしまうあたしは。
やっぱりどうしようもなくディーノが好きなんだと改めて思った。
 

     
                                         chapter3へ続く

ようやく全員登場させることができました~w
ディーノのカフェはInsane Simsのpomさんが作ってくださったカフェ(配布されていらっしゃいます!要チェック♪)を
使用させていただきました!話の流れでどうしてもカウンターが必要だったので、内装+外観の色だけかえさせていただきましたが、元のカフェの方が100倍オシャレですヽ(*´v`*)ノ
pjj (6)お花とかの植物の置き方、すごく上手~!勉強になりました!pomさんありがとう~!
pjj (5)
liraさんのおいしそうすぎるケーキたち!そしてCC探しをしていたら素敵なマカロンを発見したので配置してみました☆カワイイな~!

ちょっと番外編。
ジークのお部屋の内装ができたのでSSのっけてみます。
pjj (7)
男の子っぽいお部屋を目指して作りました。こないだインストールしたディーゼルパックのテーブル、いいですね!こういう部屋にピッタリです。
お次はフィーナの部屋。
pjj (2)

pjj (3)
この部屋はもろ自分の好みが出てますw
シャビーシックなオブジェクトが大好きなので、そういうオブをメインで置いてみました♪
次は残りのメンバーのお部屋を公開できたらいいなと思ってます。

長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lovestorysim3.blog.fc2.com/tb.php/42-4ca038b7

Comment

harrn

こんにちは!
ディーノのアップ!ディーノのアップ!!
あの顔にノックアウトですよ///はぁはぁ

フィーナ少し可哀そうですね…クロエは友達思いで良い子だ~(^O^)だからこそ、ああいう問題がでてくるんだよね。
カフェすっごいい洒落!
フィーナのお部屋、ワタシもああいう感じの好きですよ!
見てて住みたくなりました☆

女性同士のトラブルは怖いけど目が離せないですね(お話ならこういうの好き)
ディーノイケメンすぎて現実に戻りたくなくなる~(>_<)
しかもケーキをさりげなくあげるとかツンデレ過ぎて萌えますww
あんな彼氏いたらいいなって思うけど、きっと緊張しすぎて吐くわ(笑)

今度の展開が益々楽しみです!
また来ます!
  • URL
  • 2012/10/17 15:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/10/17 15:37

mirumom

こんにちは!
おおっ!こちらも続きがきてましたね~♪

またしても美し過ぎるシムさんとSS~!
一枚一枚がとっても見応えあって見入ってしまいます^^
皆さんアップに耐えられるシムさん達で羨ましいですぅ~!
流石Loveflower888さんのシムさんですね^^
聞かれてないけど(←)今回のお話に中ではアレックスが好きだぁ^^
見た目、雰囲気共に♪

クロエちゃんとエレンちゃんが怒るなんて意外な展開だったけど、
ありますよね、女同士だとああいうの・・・^^;リアルでいいな。
フィーナちゃんも悪気が無いのは解るしね、男が絡んでるからああなったよね(笑)
エレンちゃんはやっぱりアレックスだったか・・・
大変だぁ~!何角関係だぁ~!><

ジークの
>「食えればなんでもいい」まではいいんだけど、
>「俺が頼んだ訳じゃねえよ」は戴けないなぁw
うーん、いけず~(笑)今後彼がフィーナちゃんに対してどう変わっていくのか楽しみです!

お店もお部屋も素敵!そっちでも目の保養です♪
次回も楽しみにしています~^^
  • URL
  • 2012/10/17 17:33

りんご

Loveflower888さんこんばんは^^

なんだか少し不穏な空気が流れてる~><
フィーナちゃんの行動がクロエちゃん達は気に食わなかったんですね~(;・∀・)
でもああいうちょっとしたことでのいざこざってありますよね!
私も少なからず経験してきた事なのでなんだか妙にリアルでドキドキしましたw
これから先、恋愛のことだけでなく、友人関係でもフィーナちゃんには
試練が待っていそうですね…><
これから先の展開がますます楽しみです~( ´艸`)

そしてカフェもお部屋もとてもオシャレですね(つω`*)
内装というか建築全般が苦手なのでとても羨ましいですw
建築するのは好きなんですが…センスが…(笑)
小物の使い方がすごくステキです♪参考にさせて頂きます~(*^^*) w
  • URL
  • 2012/10/17 20:19

Loveflower888

harrnさん、こんばんは!

ディーノのアップはharrnさんの為と言っても過言ではないですw
なので喜んでいただけてうれしい~(笑)
ようやく登場できたので少し安心してますw

私はどこらかというとクロエ側に人間なのでwフィーナみたいなことをする子が
いたらきっとイライラするだろうなと思って書きましたw
女同士の関係とか・・・けっこう好きなんです!ドロドロ系とかもいいなww
今回のお話は「みんな仲良し」じゃなくて少しリアルっぽい人間関係を
書けたらいいな~って思ってます!

カフェ、pomさんのところで配布してる本家はもっと可愛いですよ!!
色々ゴテゴテ飾るのは好きなんですけど、建築はいつも豆腐ハウス一辺倒なので
今回すごく助けられました♪
おおwharrnさんもフィーナのお部屋みたいなテイスト、お好きですか!
harrnさんのレビューで出てくるお家も内装がとても可愛くて好きなので
きっと好みが似てるのかな~?なんて思ってました☆

ケーキあげるとかすごく古典的な釣り方(笑)ですけどねw
緊張しすぎて吐くってwwすいません、吹きましたw
いつも素敵なコメント、ありがとうございます☆
  • URL
  • 2012/10/17 21:41

Loveflower888

mirumomさん、こんばんは~^^

美しいSSだなんてほんとお恥ずかしい限りです。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
mirumomさんの記事でも書きましたが、うちのシムはいじりまくってるせいで
表情に変化があるとものすごい崩れるんですよww
SSを選別してるときに「うへえ~なんだこの顔(*゚Д゚*)」っていうのはもうしょっちゅうです。
もう少しmirumomさんの所のキャラのように
表情ついても可愛いキャラを作らねば・・・><

アレックス、意外な人気で驚き!
王道な王子様キャラ(金持ち・ボンボン・優しい・金髪←私の勝手なイメージですw)を想定して
作ったので、嬉しいです~ヽ(〃v〃)ノ

女同士のささいなイザコザ?みたいなのをちょっと入れてそれぞれの
キャラクター性を書けたらいいな~って思ったんですw
長年女性ばかりの職場にいたので、こういうネタな腐るほど持っております(*´∀`)
女性って変なとこに地雷があったりしてけっこう大変だったり、しますよねw
これでまた男絡みだとこじれる~(笑)
三角関係どころか四角関係だったのですが、今後の関係の行方を
書くのが楽しみだったりします^^

ジークはメインなのに、クールキャラが災いしてまだ4つしかセリフ言ってないんですw
クールというかねじくれてる性格なので、キツいことこれからもガンガン言っていく予定(*´艸`*)
そこからの変化っていうのがギャップ好きな私が一番書きたいところではあります♪

お部屋、お褒めの言葉嬉しいです^^
いつも優しいコメントありがとうございます~!
  • URL
  • 2012/10/17 21:56

Loveflower888

りんごさん、こんばんは~!

ちょっとやっかいな展開ですみませんw
どっちも悪くないんだけど、感情の行き違い?みたいなささいなことから
揉めることって女性同士ってけっこうありますよね。
当事者だと大変ですが、こうして書いてるだけだと楽しいですよ(笑)
リアルと言っていただけて嬉しいです。今までのお話とちょっと変えて
リアルな人間関係を書けたらいいな~って思ってます。
フィーナも色々と試練が待ち受けてますが、頑張って乗り越えさせますw

私も建築がすごく苦手ですよ~!だから最近は素敵なロットを頂いて内装だけ
好きに手直しっていうのが定番になりつつありますw
りんごさんのシェアハウスのお家、とても可愛いじゃないですか!
そのセンスを分けてほしいくらいですよ~!
小物だけは大好きなので、ゴテゴテ飾りまくってますw

いつもコメントありがとうございます♪励みになってます^^
  • URL
  • 2012/10/17 22:02

pom

こんばんは!!

フィーナも大変ですねぇ
むむむ・・・
こういうことってリアルでもあって、
面倒ですよねwww

おぉ!!Cafe、紹介&ゴージャスにアレンジしてくださって
ありがとです♪
植物・・・pomは感覚でやってるんですけどねw
上手と言っていただけて、嬉しいです(*゚▽゚*)
実はCafeの第二弾Verを製作中でして・・・
よかったらそちらも←宣伝すんな

天甲斐エコ

こんばんわんにゃわ♪
早くも波乱の予感が…ドキドキします><
女の嫉妬というかねたみ?というか、
そういうのすごーーーーーくわかります><
私、これで女子のこと嫌いだった(自分だって女のくせにw)時期が
ありましたもん><
フィーナはよかれと思ってやったことなのになぁ?(;´Д`)
アレックスの件もあるんだろうな?きっと…
そんなことでいちいち怒られてもなぁ?とか思うわたしも、
きっとクロエさんたちに嫌われるタイプの女かも(笑)(笑)

ジークのお部屋の内装がなかなか好きです♪
こういうシンプルでかっこいい内装すきです(ノ´∀`*)
ジークさんご本人も、なかなか好きですっ♪
一番は、アレックスだけどね(〃▽〃)(聞いてない?w)
  • URL
  • 2012/10/17 23:41

Loveflower888

pomさん、おはようございます♪

女同士のイザコザって書いてて実は楽しい私は性格が悪いのかもしれませんw
でも雨降って地固まればいいな^^て思って書いてます!

カフェありがとうございました!
ホント、建築とかお上手でSSになかったスタッフルームもあって驚きました!
感覚でやっている・・・やっぱりセンスなんでしょうね☆
内装はちょっと古いドラマですが
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜みたいにしたかったんですよw
でもなんか微妙に違うのはセンスがないからでしょうね~(笑)
おお~!第二弾ですか!
そちらにも期待しています♪
  • URL
  • 2012/10/18 09:39

Loveflower888

エコさんおはようございます!

女同士の妬みとかイザコザって当事者になると本当に嫌になりますよねw
女の嫌な面が拡大されて見えるというか(笑)
自分にもそういう面が少なかれあるので、余計嫌な気分にw
ただ女性って空気を読むというか調和を大事にすると思うんですよ。
それを一人が乱す(抜け駆けするということも含め)ととたんに敵にw
私もそういうのが面倒くさかったりしますよ♪書くのは好きですが(笑)

ジークのお部屋、気に入ってくださったようで嬉しいです!
ああいう男の子のシンプルでちょっと汚れたような質感の部屋&オブジェクト
が好きなんですよ~!
ここでもアレックス人気ですねw
意外なアレックス人気にちょっと驚いてます♪

コメントいつもありがとうございます☆

  • URL
  • 2012/10/18 09:46

kaorin114

おはようございます!

読みふけってしもうた・・・(/ω\)
色々な視点から価値観が語られていて、凄く引き込まれてしまいました。
確かに女性同士の付き合いって気の使い方とか、接し方が難しい時がありますよね・・
初対面だとすると尚更ですし。フィーナちゃんが2人と仲良くなれるといいな・・

SSも素敵です♪
そして・・・ディーノ君キタ━━(゚∀゚)━━!
やっぱりディーノ君が一番かなぁ・・
アレックスごめんなぁ・・
ん~・・でもやっぱりアレックス可愛いしなぁ・・・

これが続いちゃうのでここまでで止めときます(/ω\)
  • URL
  • 2012/10/18 11:38

Loveflower888

kaorinさんこんばんは~!

読みふけっていただけたなんて・・・嬉しすぎます♪
色んなキャラからの目線で書こうと思ってチャレンジしてるんですが
なかなか大変ですねw話が進まなくてw
女性同士の関係性はリアル感をだしていけたらな、と思ってます。
フィーナはわりと人見知りタイプだと思うのでこれから色々大変そうですが
頑張ってもらいます^^

ディーノを気に入ってくれてありがとう!
この6人の中だと一番前に作ったキャラなので
なんだか色々と愛着があったりします。一時はボツキャラ化してたのでw

いつも楽しいコメントありがとうです^^
今後も楽しんでいただけるように頑張っていきますね!
  • URL
  • 2012/10/18 18:00

lira

こんばんはー!お邪魔いたします(*´ー`)
新しいストーリー!お待ちしておりました(*^^*)
今回はフィーナちゃんが主人公!幼馴染のアレックス君かっこいいです(*ノωノ)
ディーノ君がイヴ編でちらっと出てきたフィーナちゃんの初恋の人だったんですね~!
そこらへんの詳しい話も出てくるのでしょうか(*´ー`)
そして皆の思惑が渦巻いていますね~;女社会の怖さがッ…!
このドロドロした感じ、見ていてハラハラして楽しいですw
三角関係どころじゃなくこんがらがりそうな…!
クロエちゃんの動きが気になるところですね…
続きが楽しみですー!
あと、ケーキ使っていただき有難うございます(*ノωノ)
見た瞬間に喜びのあまり叫んでました!(←近所迷惑)
ではでは、これからも楽しみにしております…!!
  • URL
  • 2012/10/19 21:43
  • Edit

Loveflower888

liraさん、こんにちは!

アレックスは意外に皆さんに好評いただいててちょっとビックリしてますw
嬉しいお言葉ありがとうです~!
フィーナの初恋の時のお話は今後出てくる予定でいます。
登場人物が6人なので、一人ひとりをどうしても掘り下げていくところ
までいってないので今後その点は頑張って生きたいと思いますw

女同士のドロドロ(笑)見てる分にはいいですよねw
でもあまりにも続きすぎると書いてて鬱になりそうなんでwある程度のところまで
で幕引きしたいと思ってます♪

ケーキ、可愛すぎていつも使わせてもらってます!!リカラーのケーキもかわゆすぎて!!
こちらこそ素敵なアイテムをありがとうございます^^
  • URL
  • 2012/10/20 14:21

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

profile

Loveflower888

Author:Loveflower888
modで色々キャラメイクできるPCゲーが好き。特に綺麗な男子を作るのが趣味。シムズ3がメインですがskyrimの記事も載せています。
今後はまったり更新。気ままにUPしていきます。

fc2counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。