スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BL アキラ&ルイの場合

こんにちは♪ものすごく久々のシムズ3記事です。skyrimも自分の満足いく環境が出来上がったら少しずつ
飽きてきました(笑)「自分好みの環境」を作る過程が好きなんだなあ・・・とようやく気が付いた今日この頃。

これからは少しずつシムズ3の記事を更新していけたらいいなあ。
年末が近くなって仕事が微妙に忙しいので、なかなか更新頻度は上げられないと思うんですけど
ちょっとずつ作り溜めてショートストーリーもやりたくなってきました。

今日の記事はBLです。苦手な方は避けてくださいw

20141128ss (1)
以前から「BLあるある」やSSでちょこちょこ出てきているアキラとルイが今回のメインです。
軽~いストーリー仕立てで行こうと思うのですが、久々なのでまとまりも何もあったもんじゃないっていう。しかも短い。
それでもいいよ!という方は期待せずに見てくださると嬉しいです~




苛々する。
俺の気持ちを知らずに、目の前で無防備な姿を晒すルイにも、気持ちを上手く伝えられない自分にも。

20141128ss.jpg
「飲みすぎたな・・・」
キッチンで頭を抱えるルイ。

昨夜遅くまでどこかで飲んできたらしい。誰と一緒だったんだ。そう問いただしたい気持ちを抑えて
俺は友人のふりをする。
「・・・バスルームに頭痛薬あったぞ。しんどいなら飲んどけよ」

20141128ss (2)
「ん・・・そうする」

ルイの掠れた声がぞくぞくするほど艶っぽく聞こえて、俺はまた苛立つ。
友人という関係を壊してしまいたい。
でも壊してしまうことが怖い。
どうしようもなく意気地のない自分。

20141128ss (3)
ルイは俺のことを友人としてしか見ていないだろう。

気持ちを伝えたところで拒まれて終わるのは目に見えている。

だったら・・・。いっそのこと・・・。

20141128ss (4)

・・・・全てを壊してやろうか。

そんな危険な考えが煮詰まっている俺の頭に浮かび、通り過ぎようとするルイの腕を掴んだ。

20141128ss (6)
「・・・ルイ」

友人という関係ではありえないほどの至近距離で俺はルイを見つめる。

20141128ss (7)
「どうかしたか」

ルイは顔色一つ変えない。まっすぐに見つめ返されて俺の方が困惑してしまう。

「・・・いや・・・。何でもない」

ルイの腕を離して慌てて目を逸らした。

「・・・変な奴だな」




20141128ss (5)

「はあ・・・・」

一人になったリビングで深いため息をつく。
ルイへの想いは強いのに、強すぎて行動を起すことが怖い。

俺はいつまで友人として振舞わなくてはいけないのだろうと思うと
再びため息をついた。



20141128ss (8)
「・・・アキラの奴。いつまで待たせる気だ」

アキラに腕を掴まれた時。ようやく友人から抜け出せると思ったのに。予想外のアキラの弱腰に
思わず笑ってしまう。

20141128ss (9)
「まあ、そんなところがあいつらしいのかもな・・・」

待っててやるよ、とルイは小さく呟いた。






あっけないほどすぐに終わってしまってすみませんww
しかもストーリーといい展開といい、SSに適当にあてはめただけなので完成度低いです^^;
この二人は私のお気に入りキャラでもあるので、そのうちちゃんとしたお話も書いてあげたいなあ。

ここまで目を通してくださった方、ありがとうございました^^
ではではまた~!

スポンサーサイト

Pagination

Utility

profile

Loveflower888

Author:Loveflower888
modで色々キャラメイクできるPCゲーが好き。特に綺麗な男子を作るのが趣味。シムズ3がメインですがskyrimの記事も載せています。
今後はまったり更新。気ままにUPしていきます。

fc2counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。