スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter3 情報

俺はライデンとの待ち合わせ場所に来ていた。
依頼人の目撃した取引がどこの組織かをまず特定する為に、裏社会に詳しいライデンから詳しい話がききたかったからだ。
待ち合わせ時間きっかりに俺の携帯が鳴る。
Screenshot-598.jpg「どうした?遅刻か?」
「いや、そうじゃない。そのまままっすぐ歩いて本屋の角を曲がって20M歩け」
「了解」
ライデンの用心深さには慣れていた。まあ、これくらいじゃなきゃ裏社会では生き抜いていけないのかもしれないが。

Screenshot-599.jpg指示通りまで来たとこで再び電話が鳴る。
「そこにごみ箱があるだろう。その中に茶色の封筒がある。それを取れ」
「ゴミ箱~?お前近くにいるんだろ?なんでゴミ箱なんかに・・・」
Screenshot-601.jpg文句を言いながらゴミ箱をあけるとライデンに言葉通り茶色の封筒が入っていた。
「その中にお前の知りたがってる組織の詳しい資料が入っている」
「お前スパイごっこじゃあるまいし、こんなことしてないで出て来いよ」
姿をみせないライデンに苛立ちながら俺は言った。
「お前やばいヤマに足つっこんだみたいだな」
「・・・尾行はまいたつもりだったけどな」
街中で俺をみつけると3人ほどの男たちがずっと俺を尾行していたのは知っていた。
途中でうまくまいたつもりだったが、まだいたか?
「いや、今はいない。念の為だ。・・・気をつけろよ」
「ああ、分かってる」
Screenshot-597.jpg電話を切りながら俺は自分が考えているよりもこの依頼はずっとやっかいなものになりそうだと直感した。




カインは情報あつめに街に出たおかげでゴロゴロする奴がいない家を思い切り掃除する。
普段はリビングを掃除すればキッチンで食べ零しするわ、部屋を掃除していればリビングに本を持ち込んでそのままにするわで全然進まない。
亭主元気で留守がいい、とはよく言ったもんよねー。
・・・・。
て、亭主なんかじゃない!あいつは断じて!!

そんな自分につっこみを入れながら、カインの部屋を掃除しようと部屋に入る。
Screenshot-581.jpg「勝手に掃除するな!お前は俺の母親か!」って絶対言われると思うけど、綺麗好きなあたしは汚れている部屋が我慢ならない。
案の定、床には雑誌や本、資料なんかが散乱してて軽く発狂しそうになる。
Screenshot-582.jpg「もうっ!!片付けてって何回言えばわかるのよっ!!」
散らばった本をまとめているとその隙間から一枚の写真が零れ落ちる。
「ん・・・?」
手に取ってみてみると、その写真には綺麗な女の人と隣ににやけたカインの姿が映っていた。
その女の人は胸の大きくひらいたドレスを着ていてまるでメロンみたいな胸の谷間をこれみよがしに見せている。
Screenshot-618.jpg・・・・・・・・・。
あたしはその女の胸の大きさを目に焼き付けたあとゆっくりと自分の胸に視線を移した。

ち・・・ちいさい・・・。

楽しかったです、また誘ってねとペンで書き込まれたその写真をあたしは床にたたきつけた。

カインのすけべやろうっ!!
Screenshot-583.jpgどーせあたしはAカップよ!!胸もなけりゃあクビレもない幼児体系よ!!
けどこんなおっぱいおばけみたいなのに、フヤけた顔しちゃって!!

超ムカツク!!ばーかばーかばーか!!
まるで子供のように切れたあたしは掃除する気力も失くしカインの部屋を出た。



Screenshot-584.jpg「どうしたんですか・・・?急に元気なくなっちゃいましたね」
自分の胸のなさに凹んでいるあたしを見てイヴァンさんが心配そうに声をかけてくる。
そりゃあ元気もなくなるわよ・・・。
もうこのAカップがFカップになることなんか、ないんだから・・・。
「ねえ、イヴァンさん」
「はい?」

「男ってなんで巨乳が好きなの?」


Screenshot-585.jpg「ええっ?あのっ・・・アリサさんっ??」
唐突なあたしの問いに顔を真っ赤に染めて慌てるイヴァンさん。
「イヴァンさんもAカップよりFとかGカップのほうがいいんでしょっ?」
「いや・・・あの・・・それは・・・。胸で人を好きになるわけじゃないし・・・」

Screenshot-587.jpg「でもいいなと思う人がいて、その人が胸ないよりはあったほうがいいワケですよねっ」
あたしはカインへの怒りをどんどんヒートアップさせていく。
「ぼ、僕はどっちでもいいですけど・・・」

「どっちでもいいなんてそんな訳あるかーーーっ!!どうせ巨乳が好きなくせにーー」
怒りで興奮状態に陥るあたしをなだめるようにイヴァンさんが慌てて言った。

「大きすぎる人よりアリサさんみたいなスレンダーなほうが僕は好きですっ!!」

Screenshot-590.jpg
・・・・・・・・・・・・・・。
「ほんと?お世辞言ってない?」
疑いの眼差しを向けるとイヴァンさんは大きく首を振る。
「ウソじゃないです!・・・だから落ち着いて・・・深呼吸深呼吸」
Screenshot-589.jpgイヴァンさんの言うとおりに深呼吸すると少しは気持ちが落ち着いた。
ふう・・・。
考えてみたらあんなスケベ野郎のためにムキになるエネルギー使うほうがバカだ。
いつものことだけど、目の当たりにするとついイラついちゃうんだよね・・・。
Screenshot-588.jpg「ごめんなさい。あたしすぐカッとなっちゃうから・・・」
「いいですよ。僕でよければいつでも相手になりますし」
優しいなあ・・・。イヴァンさんて。あのバカとは大違い。
「・・・・カインさんてもう探偵初めて長いんですか?」
「う~ん、そうですね。気がついたらけっこう長いのかも」


Screenshot-591.jpg「へえ。じゃあ今までこなしてきた依頼の記録も数がたくさんありそうですね。アリサさん片付けが大変じゃないですか」
「あ、そういう記録は家にはないはず。カインが自分でどっかに管理してると思う」
一瞬、どうしてそんなことを聞くのかと不思議に思ったけれどイヴァンさんの笑顔でなんだか誤魔化されたような気がした。





「じゃあ、そのあたりで取引してる組織は該当なしってことですか?」
Screenshot-608.jpg夕食を終え、情報あつめから戻ってきたカインの話を聞くイヴァンとアリサ。
「いや、あのへんをシマにしてる組織があって以前はとある組織とヤバイ薬を取引してたことはあったらしい。でもあんたが見たっていう3日前に警察に摘発されてる。そんな状況ですぐに取引再開するとは思えない」
ライデンから受け取った資料を読んだカインが状況を説明する。


「他の組織がヨソの組織のシマで勝手に取引するとは考えにくい。分かったら抗争もんだしな」
Screenshot-604.jpg「どれじゃあイヴァンさんを襲った組織がどこか見当もつかないってことじゃない」
アリサが苛立ったように言った。

「今のところはな。可能性をひとつひとつ潰していく作業を繰り返すしかない」
カインの言葉に小さくため息をつきながら、頭を抱えるイヴァン。
Screenshot-605.jpg「イヴァンさん、大丈夫ですよ。この家にいればとりあえずは安心だし」
うなだれるイヴァンにアリサが優しく声をかけるとその後ろでカインが憮然とした表情を浮かべている。
(面白くねえ・・・)

Screenshot-607.jpg「そうですね・・・。いずれにしてもカインさんにおまかせするほかありませんから」

「そう落ち込むなよ。気晴らしにクラブでナンパでもしてくるか?けっこういい女がいるぜ」

ガンッ!!!

アリサが勢い良くテーブルを叩く音が響き渡る。
Screenshot-610.jpg「イヴァンさんまでおかしなことに誘わないでよ!!あんたとは違うんだから!!」
「俺とは違うってどういうことだよ?!お前が違うように見てるだけじゃねえか!」
Screenshot-609.jpg「はあ?!何言ってんの?あんたみたいな男はおっぱいおばけと仲良くしてるのがお似合いよ!!」
昼間のことを思い出し、アリサはそういい捨てるとリビングをあとにした。

Screenshot-611.jpg「おっぱいおばけって・・・何のことだよ・・・。意味分かんねえ・・・」

訳のわからないことを言われ途方にくれる。
Screenshot-612.jpgそんな二人のやり取りをみてくすくすとイヴァンが笑った。
「アリサさんて本当に可愛いですよね」

「ああ?何か言ったか??」
Screenshot-614.jpgカインが鬼のような形相でイヴァンを睨む。
「い・・・いや・・何でもないで・・・す・・」
Screenshot-615.jpg「そうか。発言には気をつけろよ」

Screenshot-616.jpg
早いところこの依頼を片付けてこの男を追い出そうと心に誓うカインだった。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lovestorysim3.blog.fc2.com/tb.php/20-538c60b7

Comment

mirumom

Loveflower888さんこんばんは~^^

いきなりですが・・・アリサちゃんはヒンヌーじゃあないっ!(笑)
チュニック着てるから分らないけど絶対スタイルいいっ!
・・・と叫んだ所で・・・^^;
何だか物騒な依頼な臭いがしてきましたね~!
イヴァンさんも可愛い顔して怪しいなぁ・・・^^
でもきっとカインさんは凄腕なので解決してくれるんですね?!
あ、ネタバレになるから答えなくていいです(笑)

アリサちゃんとカインさんの感情のすれ違い(?)ももどかしいぃ(^^;)
いつかラブラブになる日が来るのかな?

ストーリーって、展開考えるだけでも大変だし
ポーズ使用で時間も掛かるし大変ですよね。
その分大事に読ませて頂きます^^
また続きも楽しみにしておりま~す♪
  • URL
  • 2012/09/03 22:51

Loveflower888

mirumomさん、おはようございます♪

アリサは胸がある風に見えますが
バストアップブラを使用していると思いますw意外と貧乳を気にしてます(*´∀`)
色々物語が動き始めてきたので、これからまた物騒な流れになるかと
思いますが、そこはカインが何とかしてくれるでしょう♪

カインとアリサみたいな、お互い好きなクセにケンカばっかりして素直になれない的な
関係が一番好きなんですよね!
はたからみてると「あ~!言っちゃえよ!!」みたいなのが好きです(笑)
ラブラブな日・・・いつかは来て欲しいですね!

ストーリーを考えたり、ポーズ使うのは大好きなので実は全然大変じゃないんですw
逆にmirumomさんの楽しいレビューみたいなのが書けない(センスないと書けないと思う!)ので
いつもいいなあ・・・と思って拝見してます♪
でも大事に読んでくださるなんて本当に嬉しいお言葉、ありがとうです!
よければまた遊びにきてくださいヽ(*´v`*)ノ
  • URL
  • 2012/09/04 08:37

naonao

こんにちは☀

アリサ妬き具合ったら、も~見てられないくらい同情しました(笑
しかし尾行からどんどん情景が変わっていく今回も、楽しく読ませてもらいました。

書類の記録を聞く部分が気になりましたが、実は...〇〇!!!
楽しみにとっておきます^^

最後の最後に追い出す事を誓うカインもかわいらしくて堪らない♪
憎まれ口叩いてばかりいるこの二人、結ばれるのかな~(゚m゚`ll)アレマッ
  • URL
  • 2012/09/04 14:02

Loveflower888

naonaoさん、こんにちは!

アリサもカインも焼きもち焼き(*´∀`)
ある意味バカップルですw
読んでいただけただけでも嬉しいのに、「楽しく」だなんて!
何度も言いますが(笑)本当に嬉しいです☆こうしてコメントもらうたびやる気がチャージされていきます♪

イヴァンは・・・ノーコメントで(笑)

私自身もこの二人の憎まれ口を書くのが楽しくてw
でも気に入っているキャラなので、いつかは結ばれたらいいなあ・・・なんて思いながら
書いてます☆

それとブロ友申請ありがとうございました!
こちらもnaonaoさんのブログは(私のブログと違ってw)為になることばかりなので
ちょこちょこお邪魔させて頂きますネヾ(*≧∀≦)ノ゙
  • URL
  • 2012/09/04 14:57

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/09/04 16:00

Loveflower888

kaorinさん、こんばんわあ♪

ライデン、セリフだけですが出してみました(*゚▽゚)ノ
姿出せない(笑)ので、限られた場面になっちゃいますけど
今後も出せたらいいな!

スカイリムのコンソール、教えてくれてありがとう!
女性のテクスチャ使わないと男性用じゃ
やっぱりあんなキレイな顔にはならないよね~(;´▽`A``  
オススメのおっさんで試してみたいと思いますw

いやいやアイザック、めちゃ男前にできてましたよ☆
今後のUPも楽しみにしてます!
  • URL
  • 2012/09/04 19:19

vivian

Loveflower888さんこんにちは♪
またブログに遊びに来ていただいてありがとうございました(^v^)
海外サイト様のMOD漁りは楽しいですよねw

はい!もちろんです!こんなブログでよければリンク追加してくださいm(__)m
Loveflower888さんのブログもこちらでリンク追加してもいいですか?
  • URL
  • 2012/09/05 14:10

Loveflower888

vivianさん、お返事ありがとうございます♪
お言葉に甘えてリンクに追加させていただきました!
うちのブログでよければ是非リンクしてやってください☆

今後ともよろしくお願いします!
  • URL
  • 2012/09/05 18:38

ahiruchanet

こんにちわ!
アリサぶっちゃけすぎwwwイヴァンもかわいいですね~wたしかに
男性は胸だけで選んでないですからね~
でも完全に嫉妬してますね。カインも!
カイン・・・ちゃんとしないとイヴァンに取られちゃうぞ!?
早く片付けないとねぇ~ww
  • URL
  • 2012/09/06 18:16

りぐのえる

こんばんは!新シリーズも楽しく拝読させていただいています。

カインとアリサちゃんの微妙な関係っぷり、すごいすごい萌えます。
古い作品ですがシ○ィーハンターとか、
(デレる日が来るのかは分かりませんが)ツンデレ同士っぽいカップルが大好きなんです・・・
今回のお話とか、もう萌えて興奮しすぎててPCの前で机叩いてしまいました。
近所迷惑すぎる(笑)

イヴァン君がすごい怪しいのに、本当にかわいらしくてお姉さんはノックアウトです。
  • URL
  • 2012/09/06 20:14

Loveflower888

ahiruchanetさん、こんばんは&コメントありがとうございます♪
アリサは思ったことすぐ口にしちゃうタイプなので(笑)すぐにぶっちゃけますw
カインもアリサも素直になれないキャラなので
そこが書いてる本人としては楽しいです♪
イヴァンに取られない様、今後はカインに頑張ってもらわないと・・・ですねw

  • URL
  • 2012/09/06 23:00

Loveflower888


りぐのえるさん、コメントありがとうございます!
読んでいただけて本当に嬉しいですヽ(*´v`*)ノ


>古い作品ですがシ○ィーハンターとか
実はお盆に旦那の実家でシティハンター全巻読破しまして(何もしないどうしようもない嫁です・・・ww)その影響がものすごく強く出てます!りぐのえるさん、ズバリ当たりです(ノ´∀`*)

>今回のお話とか、もう萌えて興奮しすぎて
そこまで萌えていただけたなんて!!嬉しすぎますww
今後もりぐのえるさんが萌えていただけるものを書ければいいなあ・・・と思います!

るぐのえるさんのエリンのようなミステリアスな美女も大好きなんですが
どうも自分ではキャラが描ききれませんw
  • URL
  • 2012/09/06 23:11

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

profile

Loveflower888

Author:Loveflower888
modで色々キャラメイクできるPCゲーが好き。特に綺麗な男子を作るのが趣味。シムズ3がメインですがskyrimの記事も載せています。
今後はまったり更新。気ままにUPしていきます。

fc2counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。