スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter9 Stay with me

  • 2012/08/25 15:53
  • Category: 雑記
どれくらい長く互いに見つめあったまま立ちつくしていただろう。
二人の沈黙を破ったのはアーサーだった。
「お久しぶりです」
少し笑みを浮かべながらそう言った。
Screenshot-479.jpgその言葉にどう反応していいか迷った末に、私は自分の葛藤など見せずに淡々と返事をする。
「会社、辞めたのね」
「はい。黙ったまま辞めてしまってすいませんでした。もし・・・イヴさんが僕の辞めた理由をあのことにあったと思ってたなら違うって伝えたくて」
女とのゴタゴタで仕事を辞める男だなんて思っていない。
そんな男なら・・・私は好きになっていない。
「ヘッドハンティングされたんでしょ?」
Screenshot-477.jpg「僕がずっとやりたかった研究をさせてくれる会社が名乗り出てくれて・・・。チャンスだと思って移りました」
「そう・・・。おめでとう」
律儀な男。わざわざそれを言いに来たなんて。
だけど以前とはもう違う。どんなに近くにいても見えない壁が二人の間を遮っている。
心の距離はずっと遠くなってしまったことを感じた。
でも仕方ないことだ。それにもう終わったことなのだから。
「イヴさんにそう言って貰えると嬉しいです」
いつものアーサーの笑顔で私に笑いかけてくる。
やめて。せっかく心が落ち着いてきたのに。もうこれ以上かき乱さないで。
「じゃあ仕事頑張ってね」
Screenshot-481.jpgもう限界だった。これ以上ここに立っていたらずっと我慢してきたものが溢れ出してしまいそうだった。
泣き出してしまいそうな顔を見られたくなくて私は背中を向ける。
「イヴさんっ!!」
アーサーの声が私の名を呼ぶ。
その言葉に私の足は動きを止めてしまう。
「・・・イヴさんも・・・仕事頑張ってください」
そんなありきたりな言葉に落胆している自分に気がつく。
今更、何を期待しているの?馬鹿みたい。
自分の目で見たでしょう?アーサーの気持ちはもう新しい恋人に向かっている。
年上の女が諦め悪いのって最高にカッコ悪いわ。
Screenshot-482.jpg「元気で」
アーサーの決別の声が聞こえ、ゆっくりと去っていく足音が耳に届く。

もうこれできっと会えるのは最後になるだろう。
初めて出会った時のこと、初めてのデート、そして一生懸命に愛してくれたアーサーが次々と浮かんでは消えていく。
今まで好きになったどんな男とも違ってた。
純粋で生真面目でいつも真剣なアーサーが、気がついたらとても大きな存在になっていた。


Screenshot-484.jpgこれでいいの?

心の中で私が囁く。

このまま、自分の気持ちを伝えないまま終わっていいの?

プライドが邪魔していつも言えなかった。意地を張り続けてきた。

だけどプライドとアーサーとどっちが大事?

答えは決まっている。
一度だけ、最後だけ素直になってみよう。
私はそう決めてゆっくりとアーサーを振り返った。

同じ瞬間。
離れていたアーサーも振りかえって、私の顔を見つめた。
Screenshot-485.jpg走りだしたのはどっちが先だっただろう?
まるでスローモションのようにゆっくりとアーサーが近くなって。
Screenshot-486.jpg
すぐ近くにある互いの体を抱き寄せていた。

Screenshot-488.jpg「イヴさんじゃなきゃ駄目なんです・・・」
優しいアーサーの瞳がすぐ側にある。もう二度と触れられないと思っていた存在。
「イヴさんのこと・・・諦めようと思って他の子と付き合ってみたりもしました。でも・・・駄目でした。やっぱり・・・僕はイヴさんが好きなんです」
そのアーサーの言葉に、あの時の二人の様子が浮かんで胸が痛む。
でもアーサーは私を選んでくれた。
それだけでいい。
黙ったままの私の頬を両手で包み込むアーサー。
Screenshot-490.jpg「聞かせてください。イヴさんの返事」
「・・・アーサーが好きよ。誰よりも大切で大事で・・・ずっと側にいて欲しいの」
初めて口にのせる自分の気持ちは、どこかくすぐったいような気恥ずかしさだ。
「やっと言ってくれた」
くすりと笑いながらアーサーは私の頬を撫でる。
Screenshot-491.jpgその笑みに私も釣り込まれるように笑った。
温かくて幸せな気持ちで心が満たされる。きっとアーサーとだからこんな気持ちになれた。
「でもこれからはそんなに言わないわよ」
その言葉にアーサーが困ったような表情を浮かべる。
Screenshot-492.jpg「言わせてみせます」
「期待してる」
顔を合わせて二人で笑い、優しいキスを交わした。
Screenshot-493.jpg



                                       Fin
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lovestorysim3.blog.fc2.com/tb.php/13-7fecac36

Comment

kaorin114

こんばんは~♪

イヴ姉さん、最後は素直になれましたね(ノ´∀`*)
やっぱりSSの撮り方お上手ですねぇ・・・

フィーナ編も楽しみにしています!




  • URL
  • 2012/08/27 01:33

Loveflower888

イヴが少しずつ素直になっていくのを書くのが一番楽しかったですw
意地っぱりな強気の女の子が好きなんです(*゚▽゚)ノ

SSの撮り方が上手いなんて嬉しいお言葉、ありがとうございます!
でもポーズMODがスバラシイからそう見えるだけですヨw

SSの加工してみようかな?と思ってフォトショップ入れてみましたが、難しすぎて
断念しましたww私のレベルではフリーソフトで十分おつりがくるほどのようです><!
  • URL
  • 2012/08/27 09:11

暇人

うわ~。
最初見たときなんか違和感あると思ったら・・・

chapter8飛ばして見てましたw

イヴ姉さん遂に素直になりましたね♪よかったです♪
  • URL
  • 2012/08/28 06:41

Loveflower888

暇人さん、おはようございます(´▽`)

飛ばしちゃいましたかw一気にUPしたので最新記事から見るとごちゃごちゃですw
最後まで読んでくれてありがと~ヽ(*´∀`)ノ
イヴがちゃんと素直に気持ちを言える終わり方にしたかったので、スッキリしました♪

暇人さんの新しいシムブログOPENしたらすぐ教えてね!
シエルに会いに飛んでいきますので♪
  • URL
  • 2012/08/28 09:43

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

profile

Loveflower888

Author:Loveflower888
modで色々キャラメイクできるPCゲーが好き。特に綺麗な男子を作るのが趣味。シムズ3がメインですがskyrimの記事も載せています。
今後はまったり更新。気ままにUPしていきます。

fc2counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。