スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回FC2コミュニティイベント まとめ

こんにちは♪

1月26日に第二回FC2コミュニティイベントが終了!
「ウインター」をテーマに自由なSSを撮ってもらうという内容で
コミュニティメンバー様15名(+私の計16名)の参加を頂きました^^

皆さんの投稿してくださったSSの中から勝手ながら私が1枚選んでまとめ記事を作成させて頂きました。
スペースの関係上、ベストショットが選べなかった方がいらっしゃいます。
この場を借りてお詫びいたしますm(*・´ω`・*)m

追記に昨日鍵コメくださった方へのお返事があります。

eventmatome.jpg

Ticktack009さん
まる君・まおちゃんの兄妹ショット!!雪を食べようとしているまる君が可愛いですね(*´pq`*)
simsおはぎ餅さん
黄金色の雪が幻想的!ギルバート君もかっこいいです♪
りぐのえるさん
「雪女×人間の男」というなんとも素敵なSSに仕上がっております!ブログでショートストーリー公開中!
ahiruchanetさん
これぞ日本の正しい冬の過ごし方!!おこたでまったり、いいですね^^外の雪景色も雰囲気を盛り上げてます。

evenmatome2.jpg

那臣さん
とっても暖かそうな雰囲気のSSですね!寝ちゃったおじいちゃまが可愛いw
零織さん
仲間で鍋パーティー♪こたつというところもポイント高いっw賑やかな雰囲気が伝わってきます!
ramuさん
幼馴染の成長記&プロポーズまでの道のりが3枚のSSに詰め込まれていてとても素敵でした!
pomさん
アリシアさんに怒られているライアン君が可愛いですねw

eventmatome3.jpg

北の海苔さん
雪の降るなか良介くんを迎えに行った布施君、というようなストーリーをついつい妄想してしまいます( ´艸`)
りんごさん
某灰色バンドのPVを完璧に再現されています!ポーズも自作だそう!すごい^^
アタッチ513さん
レトロなポスターのような構図がとってもおしゃれ!センスを感じさせてくれます♪
片岡潤さん
着物の男前さんとこんな部屋で熱燗が飲みたいっ!という気分にしてくれたSSです!和風なオブが素敵^^

eventmatome4.jpg

Aliceさん 
雪が降ってきてはしゃぐルーク君をを優しく見守るロイ君。とっても絵になる二人です♪加工も綺麗^^
りりんさん
本物のフィギュア選手のような素敵な二人!!このポーズ、オリジナルだそうです!すごいっ!
mirumomさん
冷たくなった彼女の手を温めてあげている彼の姿に思わず胸キュン!!背景もシムも美しいっ♪

今回もとても素敵なSSばかりでまたもや大興奮でした(*´∀`)
3枚投稿してくれた方が多く、1枚を選ぶのがとっても辛かったです・・・。
参加してくださったメンバー様、ありがとうございましたっ!

このようなイベントを定期的にやっていきたいと思っていますので
今回は参加を見送られたメンバーさんも次回は参加いただけると嬉しいですヽ(*´v`*)ノ

そしてFC2シムズ3コミュニティは新メンバーさん随時大募集中!
現在33名のメンバーさんが在籍しており、楽しく交流してます。
シムズ好きさんの参加、お待ちしています~♪

スポンサーサイト

配布シム ティナ

☆配布シムに関するお願い☆
・DLしたシムをそのまま使用する
・DLしたシムをベースにシムを改造する
どちらもOKですが、ブログ等に載せる場合はお手数ですが当ブログの名前とリンクを
必ず記載してください。

私はシム作りが大好きなので、今後もシム配布を続けていきたいと思っています。
承諾してくださった方のみDLくださいませ。


と、前置きが長くなりましたね(´ー`A;)
今回の配布シムはティナという女の子です♪
haifusim (2)

haifusim (1)
可愛い系に作ろうとしても、気が強そうな子が出来上がってしまいますw
そしてやっぱり髪の短い子が好き!
haifusim (4)
髪型やメイクのCCは全て抜いた状態になっていますので、お好みでカスタマイズしちゃってください^^

haifusims2.jpg
SSのティナ 使用CC

skintone:S-club skin F&M 2.0B(HQ)
hair:Newsea108pineapple(有料)
eye(contacts):S-culb eyeN1
lip:tifa No47
eyeliner:S-club 3Deyelash
eyebrow:eyebrows F12
アイシャドウは使用しておりません。
チークはどこのものか不明な為、記載できませんでした。なくてもいいかと。
SSではオレンジとピンクの中間にカラーリングして頬の上に丸くのるタイプを使用しています。

haifusim (6)
この状態でsims3packに入っています。CCを抜くと随分とシンプルなお顔。。。w

注意
カスタムスライダーを多用しております。
こちらの記事にあるスライダーと以下の2つのスライダーがないとキャラを正しく再現できない
可能性があります。
Nose Depth Slider 鼻の奥行きを出す
Head Shape Slider 頭の長さ調節
両方ともリンク先はMod the sims様です。(要会員登録)

haifusim (3)
ティナのDLはこちらからどうぞ♪

Download

ブロ友さんとGS3キャラを作成中なのですが、やっぱりモデルがいるとなると
難しいですねっ><
一人ざっくり仕上げましたがあまりの似てなさにもう一度やり直そうと決意したワタシです。。。
うーーん、頑張らねばっ!

アクセス解析で「きなこママ シムズ3」で来て下さった方、ありがとうございますw
以前のブログでの配布シムの全て終了させて頂き、更新のめどもない為
旧ブログは2月いっぱいで閉じることにいたしました。
お手数ではございますが、リンクを追加してくださっている方はリンクを外してください
ますようお願い致します。
旧ブログに来て下さった方ありがとうございました!

chapter18 記憶

物心ついた時からずっと彼女の側にいた。
まだ小さな頃の思い出を俺は思い出す。
あれは夏の避暑地での出来事だっただろうか。
毎年その避暑地に集まる人々はそれぞれの別荘でパーティーを開き、知人を歓待する。
本格的なパーティーは夜行われるが、昼間もカジュアルな集いがあり子供たちはそこで遊び相手をみつけるのだ。
その日は俺の別荘で集まりがあり、フィーナとその両親もやってきていた。
服装にやたらうるさい執事に追い回されようやく庭に出ることができた俺は、きょろきょろとあたりをみまわす。
chap18SS (7)
フィーナの居場所を探していた。
「返してっ・・・お願いっ!」
悲しげな彼女の懇願するような声が聞こえ、俺はその声のするほうへと走っていく。
そこには彼女をとりまくようにして3人の子供がフィーナの帽子を取り上げていたところだった。
「おい。何をしてるんだ」
俺が声をかけるとフィーナの帽子を持った奴はつまらなそうに鼻を鳴らした。
「帽子を彼女に返せよ」
幼心にも俺はわかっていた。フィーナの帽子を奪った奴はフィーナのことが嫌いでやっているわけではないと。ただ彼女の関心を引きたかっただけなのだと。
「うるせーな、わかったよ」
そう言うと帽子を投げ捨て3人は背を向けて逃げ出すように消えていった。
「・・・ありがとう。アレックス」
chap18SS (8)「何かあったらすぐ俺に言えよ。絶対守るから」
俺の言葉にフィーナは小さく頷いて微笑んだ。
「アレックスって絵本に出てくる王子様みたいね」
chap18SS (9)「え?」
「いつでも私のこと助けてくれるでしょう?だから王子様!」
彼女は無邪気にそう言っただけのことで、きっと今はこの言葉を覚えていないだろう。
chap18SS (10)でも俺はこの時から彼女を守る王子になろうと決めたのだ。

あれからもう何年経ったのだろう。

彼女の王子は別にいたという事実を俺は受け入れることができないでいる。




「おかえりなさい」
仕事を終え、家に戻った俺に気が付いたエレンが声をかけてくる。
chap18SS (4)「ただいま」
「今日ね、フィーナが荷物を取りに来たわ」
フィーナが花屋に身を寄せていることはエレンから聞いて知っていたが、まさか荷物をまとめて出て行くとは思わず俺はその場に立ちつくす。
chap18SS (1)それだけ俺のしたことが許せなかったのだろう。
普段穏やかなフィーナだが正義感が強いことは誰よりも俺が知っていたはずなのに。

冷静になれた今やっと自分のやり方の卑怯さに吐き気すら沸いてくる。
それでも彼女が欲しかった。ジークにとられるのが怖かった。

でも。

chap18SS (2)彼女の幸せを願うのなら俺は身を引くべきなんだ。
分かっている。
頭ではわかっているんだ。
それを心が理解するまではまだ・・・時間が足りない。

chap18SS (3)「・・・食事にしましょ。もうできているから」
立ち尽くしたままのエレンが優しく笑った。
彼女の優しさは俺の全てを包み込んでくれる。
そしてエレンは見返りを求めない。
その純粋さに俺は少しずつ心を動かされていくのを感じた。




chap18SS (11)今頃・・・ジークは何をしているのかしら。
持ってきた荷物を整理しながらも気が付くとそんなことばかり考えてしまう。
彼のことは考えるのをやめようって決めたばかりなのに。
こんな風に一人でぼんやりしていると彼のことばかり浮かんで。

chap18SS (12)駄目よ。もう諦めなさい。
私はふられたんだから。
chap18SS (15)荷物の中からワンピースを取り出してクローゼットにかけようとすると1枚の写真が床に落ちた。
荷物をまとめる時に慌てていたからこんなところに紛れ込んでしまったのだろう。
私はその写真をそっと拾う。
幼い頃の私が優しい母と父に囲まれて庭で笑っている。
家を出るときに持ってきていた写真。
懐かしさにふっと笑みが浮かぶ。
chap18SS (5)その時、私の写っている場所からずっと奥に一人の少年が写りこんでいることに気が付いた。
それはとても小さかったけれど、何故か私はその少年が気になった。
目をこらしてじっと少年を見つめる。同時に記憶の糸を必死に手繰り寄せた。


chap18SS (6)庭師の男の子だわ。私にジャスミンのことを教えてくれた。
名前は聞けずじまいで気が付くと彼はうちからいなくなっていた。
彼と出会ったあの夜のことを思い出す。
どこか寂しげで澄んだモスグリーンの瞳。
私・・・この瞳をどこかで・・・。

chap18SS-1.jpg「もっと昔に会ってる」
その時ふいに頭の中でジークのあの言葉が蘇る。

「あなた・・・だったのね・・・」
全ての記憶が繋がり私はその事実に泣き出してしまいそうになる。
彼はあのときのことを憶えていてくれたのだ。
私は写真を抱きしめるようにして目を閉じた。
chap18SS (14)



土曜日。午前11:00。
俺は何度も時計を見ている自分に気が付く。
chap18SS (17)今日はクロエの婚約パーティー。今更俺にできることなんかないとわかっているはずなのに
心が落ちついてくれない。
パーティーは13:00からだと言っていた。その前に準備もあるだろうからそろそろ会場になるホテルにクロエが入る頃だろう。
「兄貴時計ばっか見てどうしたんだよ。誰かくんの?」
chap18SS (19)「何でもない」
弟の問いに俺は即座に返事をする。クロエが誰と結婚しようと俺には関係ないはずだ。
そう思ってコーヒーを煎れても浮かぶのはクロエの笑顔だけで。


このまま黙ってクロエを渡すつもりか?
今更俺が行ったところで遅いんだよ。
俺の心の中で戦いが始まっていた。

chap18SS-22.jpg(あたし、ディーノの全部が好き!)
そう無邪気にいつも笑っていたクロエ。
そのクロエを・・・誰かにとられるんだぞ?


「決めた」

chap18SS (20)「え?何?何を決めたんだよ?」
「出かけてくる。あとは頼んだぞ」
「えっ?!出かけるってどこにーーー??ちょっ!!兄貴ーーーっ?!」
クライヴの悲鳴に似た声を背中に聞きながら俺は店を飛び出した。
chap18SS (21)


                                        chapter19へ続く

こんにちは!
今回アレックス子供ver.を作成したのですが、その時に先日リリースされた
S-clubさんのスキントーンを当てたらまるで別人のように子供が可愛くなって驚きましたっ!!
すごすぎる・・・S-clubさんw
でもやっぱり子供は作るのが難しいです!特に口元・・・。
なんであんな歪んでしまうんだ?!子供を可愛く作れる方、尊敬します><

最近サボっていたシム配布もキャラができているので、近日中に配布予定^^
DL数では圧倒的に男子が多いんですが今回は女子でいきます♪

ではではまた~!

A Thousand And One Nights を踊らせてみた

コミュニティイベントに投稿してくださっているメンバー様のSSが
ハイクオリティすぎて興奮しっぱなしの毎日です。
参加頂いた皆様全員に感謝^^
「参加どうしようかな~?」と迷われているメンバーさんも気軽に投稿してくださいね!

今日はうちのストーリーシムたちを踊らせてみました!
ムービー作成とか2回目なのに3分という無謀な長さです(笑)
海外ドラマの「SMASH」にドはまり中で先週放送された回に出てきた
「A Thousand And One Nights」が素敵すぎてどうしてもこの曲で踊らせたかった!!

千夜一夜物語、アラビアンナイトの世界ですね!
せっかくなのでシムたちもそれっぽくコスプレしてみました。
ダンス動画とSSを切り貼りしただけのレベルの低い動画ですが
良ければ見てやってください。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 (注:音がでます)


[高画質で再生]

A Thousand And One Nights sims3 [seo]



カメラワークが悪すぎますねww
アニメーションさせるのは初めてだったので、自シムがダンス(特にメンズ)してるのをみてると
なんだか可笑しくなってしまいました(*´艸`*)

以下コスプレSSになりますw
movieSS (1)

movieSS (2)
ジークは褐色肌ってこともあり、こういう格好に違和感ないですね。
フィーナも意外とはまっててびっくり。女子は化けますね(ノ∀`*)
アラビアの王子とお姫様なイメージ♪

movieSS (3)

movieSS (4)
クロエはいつもの髪型だと額のアクセが埋まっちゃうので髪形チェンジ!
ディーノもなかなか似合ってたかな。ワイルド系メンズはなんとなくハマる感じでした。
アラビアの貴族(ディーノ)を誘惑する踊り子さん(クロエ)。
こちらのポーズはsims物語(管理人:ahiruchanetさん)からDLさせていただきました☆
素敵なポーズ、ありがとうございます!

movieSS (5)

movieSS (6)
エレンはこの3人の中で一番色っぽくできたかも。胸も大きくすればよかった(笑)
アレックスは・・・もう似合わなすぎて笑えるwww
どう見てもエレンを金で買おうとしている怪しい外国人にしか見えない(;´Д`A ```

動画のクオリティは散々な出来ですが、作ってて楽しかった~♪
こういうのはそのときの勢いと熱意がないと作れないw
見てくださった方、ありがとうございました^^

☆頂きもの紹介☆

20130116-2.jpg
R -Sims3 story- のりぐのえるさんからGS3の設楽先輩を書いていただきましたっ!
シャツのはだけ方のセクシーなこと!!せーちゃんも可愛くてとっても嬉しかったです!
絵が描ける方ってほんとうらやましい!!

宝物追加です♪ありがとうございました!


第二回 FC2シムズ3コミュニティイベント開催中です♪

本日~26日(土)の期間で第二回FC2コミュニティイベントを開催させて
いただきました(*´∀`)

「ウインター」というテーマでSSを撮影(題材はシムでもお家でも風景でもOK)
して頂き、コミュニティトピックの「第二回イベントSS」に投稿してください!
コミュニティメンバーさんの参加を心よりお待ちしております^^

FC2シムズ3コミュニティでは今後もこのようなイベントを開催し、シムズ3好きさん同士の
交流を深めていけたら、と思っております。
FC2でのアカウントやブログをお持ちでシムズ3が好きな方のコミュニティ参加も
いつでも大歓迎です~♪

event222 (1)
私の投稿したSS&没SSを何枚か・・・w
なんのひねりもないキャラSSになってます(笑)

event222 (2)

event222 (4)
このマフラーがすごく好きでこれが使えたことで満足してます。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

event222 (3)
マフラーをはずすと中身はこんな感じの子です。
うん・・・マフラーがあったほうがいいねwww

皆さんの素敵なSSを見るのが楽しみすぎるw前回の王子のときもそうでしたが
期間中コミュトピに張り付いてたので、きっと今回もそうなると思われます( ´艸`)ムププ
イベントが終了しましたら前回同様、投稿してくださった皆さんのSSをまとめる記事をUP
する予定です♪

メンバーさん以外でもFC2のアカウントをお持ちでしたらSSをみることができますので
興味を持ってくださったかたは是非覗いてみてくださいね^^

コミュニティメンバー様のイベントキャラSSはこちらから見れます!(FC2アカウントでログインが必要です)

chapter17 切れた糸

練習中に降り出した雨は益々強くなってきていた。
ロッカールームで着替えながら傘を持ってきていないことに気がつく。
どこかでタクシーを拾うしかないか。
この雨ではタクシーもなかなか拾えないかもしれないが。

そんなことを考えてながら俺は関係者専用の出口から練習場を出る。

chap17SS (1)
出入り口の近くで一人の女性が立っていた。
長い時間そこにいたのだろう、雨で全身がずぶ濡れだ。
ゆっくりと振り返り俺を見つめるその女性は・・・。

chap17SS (2)
「ジーク・・・」
フィーナが何故ここにいる?俺の頭は混乱する。
切ろうともがいたはずの線がまた繋がってしまった。
「どうしてこんなところにいる?」
心に壁を作って彼女を排除しなければいけない。そうでもしなければ俺は彼女を今すぐにでも抱きしめてしまいそうだからだ。
「どうして家を出るとき何も言ってくれなかったの?」
chap17SS (3)強くなってきた雨が俺の体と頭を冷やす。
彼女を突き放すのは簡単なことだろう?俺は自分に問いかける。
今まで通りの俺に戻ればいいだけだ。
chap17SS (6)「あんたに言う必要がないからだ」
彼女のどこまでも澄んだ蒼い瞳が悲しげに揺れた。
「言いたいことはそれだけか?じゃあな」
これ以上この場にいることができず俺は彼女の横を通り過ぎる。
chap17SS-1.jpg
「私あなたのことが好きなのっ!・・・ずっと前から好きだったの!!」

背後から聞こえる彼女の声に俺は思わず足を止めてしまう。
彼女が俺を好き?夢にまで見た言葉だった。
そしてこれが夢なら俺は彼女を今すぐにでもさらっていくだろう。
chap17SS (8)
だがこれは現実だ。
俺と彼女の間には深く、そして永遠に埋められない溝がある。
生まれと家柄。アレックスに言われるまでもなくそれは自分が一番わかっている。
そして俺が恐れているもの。
一度手に入ったものはあとは失うだけだということ。
俺の家族のように、いつかどこかへ消えてしまうことを俺は恐れている。
それなら最初から手に入らないほうがずっといい。
chap17SS (9)「やっぱりあんたお嬢様だな」
愛されたこともない俺は自分がどうやって愛していいかもわからない。
そんな俺と一緒にいたらきっと彼女を不幸にしてしまう。
chap17SS (7)だから俺は嘘をつく。
心がどんなに痛んでも彼女の幸せを願うからこそ突き通そうと決める。

「からかっただけなのにキス一つで本気になるなんてな。悪いが俺はあんたに興味はない。他の相手を探せよ」
フィーナの頬に伝う涙を俺は雨のせいにして見て見ないふりをする。
震える彼女に背を向け俺は歩き出した。





「随分と豪快に降るわねえ・・・」
chap17SS (10)

「ジャン・・・っ!!」
「は~い?どちらさま?」
chap17SS (11)「ジャン・・・開けて・・・」
「フィーナ?!」
chap17SS (12)「あんたどうしたのよ?そんなに濡れて・・・」
「ジャン・・・私・・・私・・・」
「とにかく中に入って!!体を暖めなきゃ!!」


「そう・・・そんなことがあったの」
雨で濡れた体をジャンに貸してもらったタオルで拭きながら、ポツリポツリと私は今までのことをジャンに話していた。
chap17SS (14)自分の生まれのこと。アレックスたちと暮らしていたこと。そしてジークとのことも。
全部話し終えるまでジャンは辛抱強く聞いていてくれた。
chap17SS (13)「あんたお嬢様ぽいとは思ってたけど、本物のお嬢様だったわけね」
「自分ではそんな風に思ってないわ。ただの・・・世間知らず。だから・・・ジークもきっとそんな私をからかったのよ」
「でもあんたの話を聞いている限りだと、そのジーク・・・って子はあんたのこと好きだと思うけどね。ただ・・・自分のことを卑下しちゃってるのよ、きっと」
chap17SS (16)「卑下って・・・。どうして?」
私の問いにジャンは小さくため息をつく。
chap17SS (15)「生まれも育ちもいいとこの人にはわからないだろうけどね。ジークって養護施設で育ったんでしょう?そういう子はどんなに成功しても一生自分の生まれのことを卑下して生きていかなきゃならないの。あたしも同じようなものだから分かるわ」
ジャンも養護施設で育ったなんて初耳だった。
そんな影も感じさせない明るいジャンにもそんな過去があったなんて。

chap17SS (17)「でも・・・アレックスはジークのこと遊びでしか女性と付き合わないって言ってたわ」
「あんたはそう感じるの?」

私は小さく首を振る。
冷たそうに見えるけれど、そんなことをする人にはとても思えなくて。

chap17SS (19)「だったら他人の言ったことより自分の感じたことを信じなさい」
「うん・・・そうね。ジャン、ありがとう。聞いてくれて」
その言葉にジャンがにっこりと笑った。
「で、ここにしばらく置いて欲しいって言ってたけど本気なわけね?」
あれだけ言い合いをしてしまったアレックスの元へ帰るわけにも行かず、私はジャンにしばらくここにおいて欲しいとお願いしていたのだ。
それに・・・ジークにあんな酷いことをしたアレックスとは暫く顔を合わせたくなかった。
chap17SS (21)「お願い。掃除でも料理でもするわ!だから・・・」
「はいはい、分かったわよ。お嬢様なのに押しが強いとこ、会った時とちっとも変わってないわね」
ジャンが苦っぽく笑い、それに釣られるように私も笑みを零した。
ジャンに話せてよかった。
きっと一人だったらジークの言葉に耐えられなくなっていたと思うから。

chap17SS (22)しばらく彼のこともこれからどうするかも全部考えるのはお休みしよう。
忘れようとしたって忘れられないから。
だから今は何も考えない。そう決めて私はようやく心が軽くなるのを感じた。




婚約パーティーまであと少し。
自分から決めたはずの心がその日が迫ってくるにつれて揺らいでくるのを感じる。
これでいいの?
でもその答えは決まりきっている。
ディーノはあたしを愛してくれない。だったら誰でも同じだと。
「クロエさん?」
chap17SS (23)ぼんやりとしていたあたしの意識を婚約者のダリルが引き戻す。
そうだ、今日は婚約パーティーで着るドレスを決めに来て、そのあとダリルとお茶をしていたんだっけ・・・。
「ごめんなさい、ちょっと疲れちゃったみたい」
「大丈夫ですか?車呼びますよ」
「ううん、もう大丈夫」
chap17SS (24)目の前のダリルはいつでも優しい。ディーノがくれなかった様々なものを、やすやすと私に与えてくれた。あまりにたやすくもたらされる安心にあたしは最初戸惑ったほどだ。
だけど。
いつも側にいてくれるダリルより、優しくないディーノの方が恋しくなってしまうのはどうしてなんだろう。
chap17SS (28)「クロエさん、隠さないでくださいね」
「えっ?」
隠す、という言葉にあたしは心臓が跳ねるほど驚く。
ディーノのことは一言も言っていないし、わからないはずだ。
「僕の前では自然なクロエさんでいて欲しいんです」
そのダリルの言葉にあたしは危惧してたものではないと知り、ほっと胸をなでおろす。
chap17SS (26)「それって、猫をかぶるなってこと?」
「そう。今みたいに普通に接してください。そんな貴方を好きになったんですから」
この人は、どこまでも優しい。
そしてあたしはその好意を利用しようとしている。ディーノを忘れる為だけに。

chap17SS (27)この人を少しずつ愛していこう。そしてディーノのこともそれと同じ速度で忘れていこう。そう決めてあたしはにっこりと笑顔を作る。
「ドレス、貴方が似合うって言ってくれた方にするわ」
その言葉を聞いて嬉しそうな笑顔を浮かべるダリルにあたしの良心が痛む。

大丈夫。
ダリルを愛せる日がくるはずよ。
きっと・・・きっと。


                                     chapter18へ続く

こんばんは~!コミュイベのSSを撮影したりしてストーリーのUPがだいぶ遅れましたっw
このストーリーも残すところあと3話。頑張っていきたいと思います♪

最近男の子シムを作るのがスランプに陥っております。。。どんな風に作っても
最終的にはみんな同じような顔になっているという・・・orz
こんな時は気分転換に女子キャラでも作るか~!と思い立ち、はじめましての記事のSSの女の子2人
+今日作った子でSSを撮ってみました♪
femelsimsSS (1)
ごちゃごちゃな女の子の部屋(笑)

femelsimsSS (4)
この子が今日作成した子です。ぶりっ子風ガーリーな感じw
他の二人と比べると輪郭が丸くふっくらしてるので並べると太ってみえるという可哀想な子。
femelsimsSS (2)
こういうファニーフェースの子も好き!
いつかこういう子が主人公のストーリーも書いて見たい。
femelsimsSS (3)
一番気に入ってる子です。キュート+クールな感じをイメージして作りました!
女の子はファッションアイテムが色々あって着せ替えがハマル!!

しばらくメンズばっかり撮ってたけど女の子シムもまた違った楽しみがありますね^^


以上女子SSでした~♪
ではではまた!

ストーリーキャラSS集

  • 2013/01/15 17:14
  • Category: 雑記
先日「ジークとディーノとクライヴが好き」との優しいコメントを頂いたので
思い切り親バカ全開なSSを撮ってきてしまいましたよ~。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
それでもいいよという方のみ閲覧くださいませww  

characterSS11 (1)
私の一番気に入ってるメンズキャラ、ジーク&カインです♪
並べてみるとジークの方は顔立ちが大人っぽいかな・・・。
カインはだいぶ前に作ったので少し手直ししたいところ。

characterSS11 (5)
ディーノのオフの日の姿。
いつもの髪型はそうとうセットに時間かかっていそうだ(笑)

characterSS11 (4)
弟のクライヴ。あんまり出番がないからまたいつかどっかで出したい。
メンズシムの輪郭がほとんど同じ作り方でちょっとお恥ずかしい・・・(*´Д`)

characterSS11 (2)
ジークのSSばかり気合が入ってしまうw

characterSS11 (6)
このSSでカインが着けているリングのアクセがかっこよすぎます!!
リンクさせていただいているLavie Lavissaのりりんさんの所から頂いてまいりました☆
GS3のルカモデルですが全部で3パターンあって全部素敵!

characterSS11 (7)
カインがつけているのはクロムハーツ風!
近くでみると書き込みがすごくてハイクオリティ~!!

characterSS11 (8)
右手にリング2つ、左手にシンプルなリングが1つつきます!
こういうクールなデザイン探していたんですよ~~~っヽ(・∀・)ノワチョーイ♪
りりんさん、ありがとうございましたっ^^

characterSS11 (9)
characterSS11 (10)
え?カインのSSが多いって?w
好きキャラなのでお許しをww

characterSS11 (11)
4人集合~♪
今後ともこいつらをよろしくお願いしますw

そしてここからはいつも素敵なイラストを書いてくださるharrnさんにお礼のSS!!
うちのキャラ(ジーク・エリク)で可愛い4コマ漫画を描いてくださったり本当に感謝しても
しきれません!
harrnさんのイラスト・漫画を見たいかたはharrnnn(harrnさんのブログ)にリンクがあります^^

うちのキャラでエリクを好きだと言ってくださっているのでSSを撮りました!ただのSSだと
つまらないので、ちょっとGS風にしてありますww
くだらないネタで・・・申し訳ないw全国のGSファンの方ごめんなさい、先に謝っておきますw

☆エリクとデート 待ち合わせ(好感度:普通)
oreiSS22 (3)
めんどくさいと言いつつも基本は女子に優しいんじゃないかとw

☆エリクとデート 待ち合わせ(好感度:ときめき)
oreiSS22 (4)
エリクと筋肉は切っても切れない関係にあります( ´艸`)ムププ

☆大接近モード
oreiSS22 (2)
女子に慣れていないので絶対に目を合わせませんww
あまりに刺激を与えすぎると壊れますのでご注意を!手を握った状態だと自分が骨折します(笑)

☆イベントスチル風
oreiSS22 (1)
仲良くなってくるとスキンシップが増えそうな気がしますw
うっとうしいほどくっついてきそうwww

こんなくだらないSSですがharrnさんに捧げますw(ノーリターンでお願いっ!)

ではではまた~♪

追加SS
あいさんへw
DinoSS.jpg

気ままなプレイ世帯 レビューもどき その4

こんばんは!
今日は久々に気ままなレビュー世帯をUPしたいと思います。

ご近所さんにカスタムシムを投入しておらずちょっと寂しかったので
今回から3人の家のお向かいさんに素敵なシムさんをお迎えしました!
revew11 (1)リンクしていただいているapple simsさんのレビューで活躍しているオシャレでクールなイケメン劉君です!
使用されているコンタクトがわからなかったので、似合いそうなものを使わせていただきましたが本家様の使用されているものがわかり次第差し替え致します!

人間にはクールですが動物には優しいというギャップに萌え^^
世帯に一人では可哀想なのでネコのタマちゃんを加えておりますw

劉君の特性
☆勇敢
☆便利屋
☆野心家
☆釣り好き
☆短気
revew11 (3)
早速劉くんの家に突撃~!!
ってジンに期待した私がバカでした・・・orz

revew11 (4)劉君そっちのけでタマちゃんと戯れ続けてしまいました。
ああ~劉君がお家に入っちゃう!と焦った管理人はエリクを招集!!
挨拶もして笑顔だったので、いい感じ?と思ったら・・・
revew11 (5)劉くんに怒られてしまいましたww
エリク失礼なこと言ってなきゃいいけど・・・w
revew11 (6)険悪な雰囲気(友好マイナス状態)のまま雨が降ってきてしまったので
ひとまず今日はたいさーーん!
早く劉くんと仲良くなりたいーーー!
revew11 (7)
聖司はあのクリオネポロシャツ風にしてみました(笑)
ピアノスキルも気が付けば7に。

revew11 (2)エリクwww
冬服のときはわからなかったけど随分とガチムチになってるーーーww
肩とかいかつすぎ><
これ以上成長したらマスコンで調節します・・・自分が許せないww
revew11 (8)何故かダイニングテーブルで食事してくれずみんなこのバーカウンターに集中(´エ`;)
座るように支持だしても「そこいけないよ!」のフキダシばかり出ちゃう・・・。ウーム。
revew11 (9)文句言いながらも他人の作った食事をとる聖司。
revew11 (10)
どうやら座ってくれない原因がテーブルにあるみたいだったので、他のものと変えました。
あのテーブル気に入ってたのにな~残念。
っていうかジンの顔、やばいよっ!!妖怪みたいになってるw

revew11 (12)
聖司は寝巻きバスローブだよね!!ってことで設定した寝巻き!
ネコちゃんスリッパがオシャレポントですww

ちょっとの間だけアクティブな世帯を変えた瞬間に何故か聖司がビジネスキャリアに就職していたので
仕事やめさせました(笑)音楽キャリアにいきたいのに、なんでお茶汲みとかしてんのーw
revew11 (13)

そんなこんなで翌日の朝。
劉君と仲良くなりたい管理人は劉君の家をまるでストーカーのように張っていたら。
revew11 (15)
劉君っwwそのカッコはまさか・・・(汗)
そのまま車で消えた劉くんを追いかけて夏祭りの公園へ!!

revew11 (17)
いやああーーー><りんごさん、ごめんなさいっ!!
かっこいい劉君なのになんで夏祭りの露天なんかで働くハメに・・・(ノω<;)
これ辞めさせてあげるワザってあるんでしょうか?申し訳なさすぎる・・・。

revew11 (18)
こいつらは相変わらず気ままに遊んでます(´ー`A;)
聖司の運動着、ださすぎwww設定してなかったわ、運動しないと思ってたから・・・w

revew11 (19)
無謀にもエリクにPK戦を挑む聖司。
全部セーブされとるがな(;´Д`)
revew11 (20)
脳筋野郎のこのドヤ顔を見よ!!

revew11 (21)
確かにそうですね・・・。

revew11 (22)サッカーに飽きた二人はスケートリンクへ。
エリクが女子の手を握れてめっちゃ笑顔です。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。 今までオッサンか聖司だったもんねw
後ろの聖司。。。どうした?と思って見ていると。
revew11 (25)

?!

revew11 (24)

俺はリンクの妖精。

revew11 (23)
いきなりスピンしはじめた聖司www
あんたいつの間にそんな上達してたのw
ビックリして思わず画像をブルーム加工しちゃったよ!!

revew11 (26)
帰宅した3人。エリクは女の子と交流できて思わずニヤニヤ。
あんまり可愛くはなかったけど・・・それでいいのか?w

revew11 (28)

戻ってくるなり子犬だったワンコが誕生日を迎えました!

revew11 (29)でかくなったーーー!
もともとあんまり可愛いとはいえないブチャ系のオカオだったので
心配しながらズームアップしてみました。
revew11 (30)

こ・・・これはっ・・・(爆)

revew11 (32)

こんなブチャワンコでも愛を注ぎまくるエリク。
この家であんたの言うこと聞いてくれるのワンコくらいだもんね・・・( ;∀;)

revew11 (33)

うぎゃww

正面顔、めちゃくちゃ怖いんだけどw

revew11 (35)夕方になったので、劉くんを誘ってみましょう!
ジンに電話をかけさせるもきっぱりと断られてしまいました(笑)
さすがのジンもちょっと凹んだ表情ですw
revew11 (38)
強引にお家突撃したらすんなり受け入れてくれましたwツンデレ君?!
劉君・・・結婚したいの?w

revew11 (37)
お家に来て一番ビックリしたのはタマちゃん以外の子猫が2匹もいたこと(*゚Д゚*)
シム時間で1日の間に子ネコ2匹世帯に入れちゃうなんて・・・そんな劉くんに萌えっ!!

revew11 (40)ダブルマイナスが出てるにもかかわらず何故かガッツポーズなエリク。
revew11 (42)今まで全然接触のなかった劉君&聖司。
なのにいきなりケンカが勃発ww
revew11 (43)

そりゃせーちゃん、負けるに決まってるww

revew11 (44)聖司(このネコマニアが・・・・!!)
エリク(あいつは怒らせないようにしよう)
revew11 (45)
劉くん「何か文句あるか?」
エリク「いや・・・なにも・・・」
ものすごく気まずげに目を伏せるエリクでした!やっぱりエリクはヘタレだわあ~w

劉くんと仲良くなれる日はくるのだろうかっww
プレイに新たな楽しみが増えたのでレビューの回数が増えそうです^^


ここからはシムと関係のないお話!

ブログリンクしてくださっているharrnさんから素敵なイラストを頂いたのでお披露目☆
20130111052045.png
ときめもGS3の聖司です!すごく可愛いーーー!!優しいお顔の聖司でとっても嬉しい!!
この聖司は私だけのもの(爆)
harrnさん本当にありがとうございました^^
宝物がまた1つ増えました♪


chapter16 消せない想い

「付き合って欲しい場所がある」
そうアレックスに声をかけられた時正直驚いた。
あのパーティー以来互いに避けていたのに。
こいつは一体何を考えているんだ?
それを知るために俺は黙って奴の運転する車の助手席に座った。

車を走らせている間、俺はぼんやりとフィーナのことを考える。
衝動的にキスをしてしまったあの日から、ずっとこんな調子だ。
彼女に手が届くと知ってからまるでそれが奇跡のように思えて、今までどおりに彼女に接することができない。
俺が手を伸ばしたら、彼女の心は手に入るのだろうか?
いや、ダメだ。彼女には俺のような身分の男は相応しくない。
2つの強い思いが頭の中を交錯する。
chap16ss (36)「着いたぞ」
アレックスが車を止めた場所はまだ新しい新築の家だった。
シックでモダンな外観からそれなりの金額がするだろうことは伺える。
車から出たアレックスはその家の鍵を開けて中に入り、俺に入るよう促した。
一体こいつはこの家をどうするっていうんだ?
アレックスの考えが読めない。
「単刀直入に聞く。フィーナに何をした?」
chap16ss (37)アレックスが俺をにらみ付けながらそう口を開いた。
何をしたか、と聞いてくる時点でフィーナの様子がいつもと違うことに気がついているのだろう。
それでもこの臆病なお坊ちゃまは側で見守るナイトにしかなれない。
そんなアレックスに憐れみさえ沸く。
chap16ss (20)「答えろ」
黙ったままの俺に苛立つ。
これだけ彼女のことを思っているお前は指一本触れられず、お前が馬鹿にした俺は彼女の心を揺らすことができる。
再び俺の心が醜い優越感で満ちてくるのが分かった。
chap16ss (18)そんなに聞きたければおしえてやるよ。
俺がなにをしたかを。
「お前がしたくてもできなかったことをしただけだ」
「っ・・・・!!何だとっ!!」
chap16ss (34)俺の言葉にアレックスが固く拳を握るのが分かった。俺の襟を掴もうと手を伸ばしたが、思い直したように手を引く。
「俺は暴力は振るわない。殴ればお前と同じレベルに落ちるからな」
心底俺を見下した様子でアレックスは吐き捨てる。
「あの家を出て行け。そして二度とフィーナに近付くな。お前と彼女が一緒になれると思うか?フィーナの両親に反対されるのは目に見えてる。フィーナも幸せにはなれない」
わかっている。そんなことはとうの昔から。
俺と彼女が向き合えたとしても一瞬のことだろう。
「彼女の幸せを願うならおとなしく手を引け。・・・ただでとは言わない。すぐに住む家も必要だろうしな」
そう言うと床のこの家の鍵を放り投げた。
chap16ss (21)「この家をやるよ」
まるで物乞いに恵むかのように尊大な目でアレックスが言った。
全身に震えるような怒りが走る。
「お前の施しを受けるつもりはない」
床に転がった鍵を思い切り蹴り上げる。真新しい壁にぶつかり、音を立てて再び床に落ちた。
chap16ss (22)「安心しろ。出て行ってやる。・・・その代わりお前も二度と俺の前に現れるな」





chap16ss (23)(クロエ・・・?)
髪の短い女性客の後姿に無意識にクロエを重ねている自分に気が付く。
ここにクロエが来るはずがない。多分もう2度と。
ようやくクロエのいない生活に慣れてきたと思ったらこの有様だ。
早く忘れるんだ。2号店ももうすぐオープンするこの時期にオーナーの俺がこんな体たらくでどうする。
そう自分に言い聞かせた時、店の扉が開いた。
「いらっしゃいませ」
chap16ss (24)その姿を認める前に俺は反射的に営業用の笑顔を作る。入ってきた女性客を見た瞬間に俺は激しく動揺したが素早くそれをいつものポーカーフェイスで隠す。
「こんにちは」
そう言ってカウンターに座ったのは、クロエの友達だった。クロエと一緒に何度か店に来たことがある。確か名前はエレンと言っていたはずだ。
chap16ss (25)「久しぶりですね。コーヒーでいいですか?」
クロエは来るのだろうか?
そんな内心の動揺を隠しながら笑顔で尋ねる。
「ええ。コーヒーで。・・・・心配しないで、クロエは来ないから」
俺の動揺を彼女は冷静に見抜いていた。
いや、俺は心配していたわけじゃない。
・・・きっと心のどこかでクロエが来ることを期待していたんだ。
あれだけ冷たく拒否しておきながらクロエがいない生活は物足りないと感じてしまう。
どうしようもなく臆病で狡い男。
chap16ss (26)「クロエ、婚約するんですって」
コーヒーカップを口に運んだあと、ゆっくりとエレンが言った。
その言葉に俺は心臓をわし掴みにされたような衝撃を受ける。
chap16ss (27)婚約?誰と?いつ?
そんなことを質す資格はないのに次から次へと嫉妬じみた問いが頭の中を駆け巡る。
chap16ss (28)「そうなんですか。おめでとうと伝えておいてください」
それなのに口から出る言葉はこんなものだ。
エレンは俺の言葉を聞くとじっと俺の顔を見つめた。
その瞳からは本当にそれでいいのかという強い光がこめられているのを感じる。
婚約が決まった今、俺にできることはもうない。
あるとしたら彼女を祝福してあげることだけだ。
chap16ss (30)「ご馳走様でした」
黙ったままの俺の前にコーヒー代金を置くとエレンはイスから立ち上がり、背をむけてドアのほうへと歩き出した。
chap16ss (32)「来週の土曜、13時にパークホテルで両家の婚約パーティーがあるわ」
ドアの前までくるとエレンは俺を振り返りそう口を開く。
chap16ss (33)「私が言いたかったのはそれだけ」
まるで謎かけのような言葉を残してエレンは店を出て行った。





「ごめんなさい、遅くなっちゃった」
仕事を終えて帰宅するとリビングにいたアレックスが私の姿をみて立ち上がる。
chap16ss (1)「そんなに慌てなくても大丈夫だよ。外食にしたっていいんだし」
「ううん、今日は久しぶりにみんな家にいる日でしょ?食事当番なんだから作らせて」
chap16ss (2)みんなそれぞれに忙しくなかなか一緒に食事をとる機会もない。
でも今日は夜全員が家にいる予定と聞いて腕によりをかけた料理を作ろうと決めていた。
みんなに食べてもらいたいっていうのもあるけど・・・本当は・・・ジークに食べて欲しくて。
chap16ss (4)「みんなはまだ帰ってきてないの?」
「エレンは部屋にいるよ。クロエはもうすぐ帰るって電話があった」
「・・・ジークは?」
あのケンカがまだ尾を引いているのだろうか?ジークの名前を出さないアレックスに違和感を覚える。
私の言葉にアレックスは先ほどまでの優しい表情を一変させ厳しい顔で言った。
chap16ss (5)「あいつはもういないよ」
「いないって・・・?どういう・・・意味?」
「今日出て行った。正確に言うと出て行かせた」
chap16ss (6)「え・・・・?嘘でしょう?」
そのうち元に戻るってアレックスの言葉を信じていたのに。
ジークを追い出すなんて、どうして・・・。
「嘘だと思うなら部屋を確かめてみればいい」



chap16ss (8)ジークの部屋にはもぬけの殻だった。
何一つ物がない。がらんとした部屋は寒々しくて胸を締め付けてくる。
「あいつはやめておけって言っただろ」
呆然と立ち尽くす私の後ろからアレックスが冷たい声が聞こえた。
chap16ss (9)「それってどういう意味なの?私がジークのこと好きだから追い出したってことなの?!」
はしたないとわかってはいても、その言葉は叫び声になってしまっていた。
ジークのことになると感情がうまくコントロールできない。
落ち着いて話そうとしても心臓が激しく脈打って体が熱くなってくる。
chap16ss (10)「君はあいつのことを好きなんじゃない。ただ今まで近くにいないタイプの男だから珍しがってるだけだ!」
「違う!!私は10年前からずっとジークが好きだったんだもの!!」
そうだ。ずっと私は彼に恋をしてた。
この家で再会して心が戸惑っていたけれどいきつく先はきっと決まっていた。
彼が好き。誰がなんと言おうと。
chap16ss (12)「私のことを心配してくれる気持ちはわかるわ。でも・・・ジークを追い出すなんて酷い!友達じゃないの?今のアレックス・・・大嫌いよ!!」
幼馴染として心配してくれているアレックスの気持ちは嬉しいと思う。だけどやり方があまりにも酷すぎる。一緒に生活していた友達をあっという間に追い出してしまうなんて。
そう叫ぶと私はそのまま家を飛び出した。



chap16ss (13)「今のアレックス・・・大嫌いよ!!」
彼女がそう叫んで背を向ける。
「フィーナ!!」
幼い頃からずっと側にいた。だから大人になってもそれが続くと信じていた。
彼女の隣で歩いていけるのだと・・・。
飛び出したフィーナを追おうとすると俺は後ろからその動きを止められる。
chap16ss (14)「行かないで!!」
エレンが俺の体に手を回し、背中に顔を強く押し付けていた。
「エレン・・・」
「フィーナの気持ちはもうわかったでしょう・・・?これ以上傷つくあなたを見たくない!」
フィーナの気持ち。花屋でジークとフィーナが一緒にいたときから俺はそれに気が付いていた。
でもそれを認めたくなくて見ないフリをして。
卑怯な立ち回りをしてまでジークを彼女から引き剥がそうとまでしたのだ。

それでも彼女の気持ちは変えられなかった。

chap16ss (16)「・・・俺は・・・何もかもを失ったような気がするよ。自業自得だな」
ジークという友人を傷つけ友情を失ってでも手に入れたかったフィーナの心は俺が入る隙間もなかった。
完全にジークのものだ。
俺に残ったものは何一つない。あるのは激しい自己嫌悪だけ。
chap16ss (17)「私がいるよ」
エレンが子供に聞かせるような優しい声音で囁く。
その声はひび割れた俺の心に優しく染み込んでいく。
俺はいつも彼女の優しさに甘えてきた。一方的に。自分の都合のいいときだけにだ。
それでも彼女はひたむきに俺の側にいてくれた。
「少しの時間・・・このままいてくれるか・・・」
俺の問いにエレンは小さく頷く。
彼女の白い手の上に自分の手を重ね、俺はゆっくりと目を閉じた。
chap16ss (15)



                                        chapter17へ続く


こんにちは!ようやくストーリーをUPできました♪
あと3話くらいで完結・・・だと思います。今回ちょっとシリアス路線だったので
次回のカイン編で思い切りおふざけストーリー書きたいなww

このストーリーに出てくるフィーナとジークを廃品回収の北の海苔さんが
めちゃくちゃ可愛く書いてくださったんですよ!!
もう感動で涙が溢れそうです。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
yousim01.jpgフィーナの可愛らしさは勿論のこと、隣のジーク人形に激しく萌えた私です!細かいところまで書き込んでくださっていて・・・もうなんていっていいかわからないほど嬉しかったです!ありがとうございました☆
宝物にさせていただきます!!


冒頭のアレックス&ジークのシーンを撮影していたときに思わず撮ってしまったSS↓
chap16ss (19)アレックス氏のフキダシwwwやっぱり金でジークを買収する気まんまんすぎて吹いてしまいましたw
「いくら積めばこいつは手を引くんだ・・・?」とかリアルに考えてそうです。
今まで散々なポジションだったアレックスをちょっと名誉挽回させてあげたいと思ってたのに・・・これかい!

これからこいつの扱いどうしよう・・・ww
と若干迷い気味のLoveFlowerでした!

ではではまた^^

第二回FC2コミュニティイベント告知

event2013.jpg
第一回のイベントから少し時間があいてしまいましたが、第二回シムズ3コミュニティイベントを
開催したいと思います!
FC2のシムズ3コミュニティのメンバーさんならどなたでも参加可!
メンバー間の交流が目的でもありますので遠慮せずに参加してくださいね♪

後ほどコミュニティトピックも立てますがまずはここで告知させてもらいます。

☆「ウィンター」というテーマでSSを撮ってください!
シムのSS撮影でも、お家SSでも、風景のSSでも構いません!
冬ぽさが出ていればいいのでシーズンズデータセットがなくても問題ありません。


☆作成期間 1月20日まで
☆作品発表 1月21日(月)~1月26土)
☆1月21日になりましたらコミュニティトピックに「第二回イベントSS」を立ち上げますので
そちらに投稿してください。
☆投稿するSSは最大3枚まで

このイベントに関しての質問などがありましたら気軽にお尋ねください^^

ここでコミュニティの宣伝をww
FC2シムズ3コミュニティは1月6日現在30名ほどのメンバーがおり、互いのブログ間での交流や雑談スレッドなどで楽しく情報交換しております。FC2のアカウントをお持ちで(ブログをお持ちの方でしたらシムズ3コンテンツがあること)あれば加入できますので、シムズ3好きさんの新メンバーをいつでもお待ちしております♪

event2013a.jpg

自作ハウス&Newスキントーン

  • 2013/01/04 17:05
  • Category: 雑記
あけましておめでとうございます^^
あっという間にもう4日ですね~!今年も早く過ぎていきそうな予感w

今回は自作ハウスのSSとS-culbさんの新しいスキントーンを使用したキャラのSSになります♪
シムズ2の時代はけっこう内装が好きでチマチマやってたんですけど、3になってからはほとんど
素敵サイト様からDLさせていただいたものをいじる程度だったんですよね。
時間がかかりすぎることと自分好みのオブがそこまで揃ってなくて二の足を踏んでいたんですが!
シムズ2で大好きだったクリエーター、ADELEさんのオブがコンバートされているのを発見し
年末から少しずつ家を作ってました♪
年明けにADELEさんの床・壁紙&窓なども発見し勢いで作ったお家になります^^
住人はきままなプレイ世帯のエリク・ジン・聖司にするつもりで作成。

house1.jpg
建築スキルはゼロなので外観は豆腐ハウスに毛が生えた程度です(笑)

house2.jpg
玄関の靴置き場。床と扉の質感が大好きです!

house3.jpg
玄関ホールを広く作ったので聖司用にチェスとピアノを配置しました。
ピアノは聖司の部屋に置いても良かったんですけど、ピアノ弾いてるとみんな集まってきちゃうので
1Fに置きました。

house4.jpg
ADELEさんのソファのテクスチャが綺麗で置くだけで雰囲気でます!

house5.jpg
リビングダイニングの入り口。
バーカウンターを設置しました。

house6.jpg
このガラス板の衝立がお気に入り。
SSだと見えませんがダーツも置いてあります。

house7.jpg
リビングとダイニング。

house8.jpg
このリビングスペースが一番気に入ってます。
こういうアンティーク+グランジな雰囲気が好き!

house9.jpg
好きなスペースなので2枚目のSS(笑)

house10.jpg
そしてここがダイニングスペースです。
parisiansimsさんのテーブルとイスがかっこよすぎ!

house11.jpg
夜は素敵な夜空と海の風景が楽しめます♪

house12.jpg
暖炉とワンコ用のスペース。
トランク型のペットベッド一目ぼれしてTSRでDLしました。

house13.jpg
アーチの奥はキッチンです。

house14.jpg
もともとパステルグリーンだったキッチンセットをマスタードカラーにチェンジしたら
なかなかクールな感じになりました。
男所帯なのでごちゃごちゃした感じにオブを置いてます。

house15.jpg
1Fシャワールーム&トイレ。
すごく狭いのでSSが撮り難いww

house17.jpg
パリで泊まったホテルがこんな感じのシャワールームだったので
ちょっと真似してみましたw

house16.jpg
なんのひねりもないトイレですww

house18.jpg
ここから2Fになります~♪

house19.jpg
せまく作ったほうが内装が映えるのをわかっているのに
気が付くと広めに作ってしまう貧乏性な私です。
ここのデスクにPCを置く予定。

house20.jpg
聖司の部屋。
聖司にグランジなオブは合わないので、上品なアンティーク調で揃えました。

house21.jpg
この本棚とトランク棚はすごく気に入ってるオブです。
背の低い聖司でも上の方の本が取れるように脚立も完備(笑)

house22.jpg
あとはデスクとベッドがあります。

house23.jpg
2Fバスルーム入り口。このドアが好きすぎます!!質感が綺麗ーーー!

house24.jpg
1Fのシャワールームが狭かったので、ここはゆとりをもたせて作ってます。
スモーキーなカラーでまとめてみました。

house27.jpg
ジンとエリクの部屋。
男の子っぽく汚れててちょっとごちゃごちゃした感じに。
チェーンライトがクールで好きです。

house28.jpg
サーフボードとかも置いてみたw

house29.jpg
時計のモチーフの窓、お気に入りアイテムです。

house30.jpg
カーテンの向こうはベランダ。
イスとエリクのトレーニングする棒?(懸垂するやつ)が置いてあるだけなので省略しますw

こんな感じのお家になります^^自分の好きなアイテムを詰め込んだので
久々の建築&内装でしたが楽しめました!

そして次はS-clubさんの最新スキントーンを使用したキャラメイクSSです。
skin F&M 2.0B のハイクオリティヴァージョンでお試ししてみました。
このハイクオリティヴァージョン、なんとファイルサイズが56MBもあったんでぶったまげました(笑)
通常タイプでその半分。これでも十分ハイクオリティなんじゃ・・・?
以前のS-clubさんのスキントーンが7MBくらいだった気がするのでかなり質感がいいんじゃないかな?と
期待してキャラメイクしてみました!

Newskintonewoman (1)
うっすらソバカスがあるんですけど、すごく端正な顔にしてくれる気がします。
Newskintonewoman (3)
せっかくなので3D eyelash も使ってみた。
綺麗だけど、通常のプレイをするには普通ヴァージョンで十分かも。
それよりもAとBの差がよくわからないw

Newskintonewoman (4)
長くなりましたが、ここまで見てくださってありがとうございます^^
本年もどうぞよろしくお願いします!

Pagination

Utility

profile

Loveflower888

Author:Loveflower888
modで色々キャラメイクできるPCゲーが好き。特に綺麗な男子を作るのが趣味。シムズ3がメインですがskyrimの記事も載せています。
今後はまったり更新。気ままにUPしていきます。

fc2counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。